「石田尚志 渦まく光」を見に行きました。

 2015-04-12
横浜美術館の企画展「石田尚志 渦まく光」へ行って来ました。
普段ほとんど美術館に行くことはないのだけど、
インターネットのニュース記事で偶然に知って、「これは行かなくちゃ」と思いました。
横浜美術館の特設サイト http://yokohama.art.museum/special/2014/ishidatakashi/

__ (8) (548x640)


バッハの「フーガの技法」を「動く絵」で表現したというのが見てみたかった。
上記のサイトの「interview」で映像作品の一部を見ることができますが、
その中の「海の壁-生成する庭」も見たくなりました。

行って良かった。
このところ、行きたくなったところへ行ってみる、
会いたい人に会いに行く、思いついたことをやってみる、というのをやってみているのだけど、
こういうことがわたしにとっては大事なのかもしれません。

見たかった「海の壁…」と「フーガの技法」、それから「絵馬・絵巻」が好きでした。
音楽に同化して伸びていく線描は、まるでコンテンポラリーダンスのようでした。
その線は音楽を聴くわたしの気持ちとも同化して、映像の中で動いていました。

音楽から感じるものは、みんなどこか共通するものがありますね。
振付家は身体の動きを考える。石田尚志さんは絵をコマ撮りしてつないだ映像で表現する。
こういうのを見ると、「それでわたしはどうするの?」と問われているような気持ちになります。
ん~、わたしはやっぱりそこで音楽と一緒に居たいから、
自分が身体を使って、踊るとかヴァイオリンを弾くのが良いのだと思う。

動く絵を見ながら、いろいろな想いが浮かんできたので、
それがどこかへ行ってしまわないように、あわてて手帳に書き込みました。

「その瞬間ごとに変わっていく、わたしの中から湧き出るものに素直でいる。」
「わたしが作品。それをどう解釈するかは受け止める人の自由。
 わたしは、ただ、わたしであれば良い。」

映像作品は見るのに時間がかかるので、ゆっくり見るにはそのつもりで行くのが良いです。
「フーガの技法」以外の映像作品で音の出るものは、ヘッドホンがひとつついているだけでした。
わたしは平日の雨の日に行ったので、のんびりじっくりと見ることができました。

石田尚志さんについて調べてみたらいろいろと面白い。

映画芸術 http://eigageijutsu.com/article/138450454.html
「僕が多くを受け取ったのは、ドイツの抽象画家のオスカー・フィッシンガーで、
彼は音楽と映像の融合を試みた人です。
そもそもカンディンスキーであれ、パウル・クレーであれ、抽象絵画の画家たちは目に見えない音楽を描く、
ということを自分に課した人たちだったんです。」

オスカー・フィッシンガーについて、良く分かるサイトも発見しました。
http://blog.livedoor.jp/kensaku_gokuraku/archives/1515100.html

わたしの母校は多摩美術大学系列の芸術系専門学校ですが、今は多摩美に吸収合併されていて、
石田さんはその学科の准教授をされているようです。
ちょっとご縁を感じました。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/515-be590020
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫