ただ「疲れた」でいいじゃない

 2015-03-03
舞台の裏方の仕事に行っていました。
以前にも何回か関わったことのある、わたしの好きな演目でした。
でも、それももう20年近く前のことです。

作品については良く覚えていても、
肝心の自分がやるべきことを、記憶喪失にでもなったかのように覚えていませんでした。
自分のことながら、驚きです…。

そのせいか、2日目が終わったら、とても疲れてしまいました。
頭も身体もあまりうまく動かないなぁと思っていても
やらなければならないことはいろいろとあって、それをやるために居るのだからやらなくちゃ、と、
特別なことをしたのではないけれど、今のわたしにはかなり頑張らないとできないことだったんだな。

至らなかったことを思い出してため息をついたり、「あ~ぁ…」と声が出たり。
「疲れているのはわたしだけじゃない。誰だって疲れているのだから…。」
仕事が終わって家についても、そんなことを思いました。

自分が「疲れた…。」と感じてるのだから、
「そうだね、疲れたね。本当にお疲れさま。」と、それを自分で受け止めてあげればいいのに、
どうしてその気持ちまで否定しようとするのだろう…?

それに気が付いたら、「ああ、わたし、すごく疲れたんだな。」とやっと思えて、
ようやく気持ちも緩まって、小さい子どもが駄々をこねる時のような涙が出て来ました。

翌日の最終日も、「やらなくちゃ…」という張りつめたものを持ちながら、
でも実際にやっていることはどこかちょっとかみ合わないと自分で感じながら過ごしました。
普段のわたしとはまるで別人みたいなのだろうな…。

久しぶりに自分の扱いに戸惑うような、濃い感情を味わっています。
ある意味、充実している日々とも言えるかもしれないけれど、あまり嬉しくありませんね。
甘いものが食べたくなって、昨日はショートケーキ、今日は桜餅を食べました。

しばらく先までお休みは無いけれど、
そうやって体勢を整えて、また明後日から劇場へ行きます。
今度はもう少し違う心持ちで臨みたいと思っています。



関連記事
コメント
涙が出た後って、すごくすっきりした気持ちになります。

落ち着いて、色々考えられるようになると、
はじめは「涙は一番綺麗な水」とか思ってるのに、
そのうち「地球の水分は常に一定量で、涙もその一部で・・・」とか考え始めちゃいます(笑)

晴れた日に、空を見ながら川のそばをお散歩すると
自分の中の全部が整えられるので、そんな時間が好きです(*´∇`*)
【2015/03/08 16:18】 | 吉瀬 弥恵子 #- | [edit]
吉瀬さん、ありがとうございます(^^)

「地球の水分は一定で、涙もその一部で…」とは考えたことが無かったです!!
そう考えたら、「わたしを構成している原子も一定で、今たまたまわたしになっているだけ」
と思えて、地球の一部分であることが嬉しくなりました。

自分が心地よくなれる場所があるのはいいですね♪
少し暖かくなったので、わたしもそういう場所を探してみようかと思います。
【2015/03/09 01:29】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/502-22143aa2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫