余計な力

 2011-08-20
通常通りの週末が戻ってきて、今日は午後からアーチェリー、
帰ってきてからヴァイオリンの練習。
前にも思ったことだけれど、アーチェリーの練習の後にヴァイオリンを弾くと
いい音が出ているような気がします。
身体を動かしたことで余計な力が抜けて、楽な気持ちで弾けるように思います。

一方、アーチェリーの練習では気持ち良く射つことができなくて、
余計な力ばかり入って、疲れるわりにはうまくいかない苦しい射ち方になっていました。
終わり近くになって、ようやく「ああ、これだ!」というのを思い出して、
そうやると、これまでがウソのように楽~に射てる(^^;)

帰り道、自転車をこぎながら
「力ばかり入ってバシャバシャしぶきを上げて泳いでも、ちっとも進んでいない」みたいな感じかなぁ~、
なんて思って可笑しくなりました。
力は必要な部分だけで、後はリラックス…、こういうのをコツとか言うのだろうな。

次回のヴァイオリンのレッスンでは、「前にやった曲シリーズ」でガヴォットを2曲の予定。
数ヶ月時間があいたことで、少し上達はしているし、
気持ちにも余裕ができて、前にはガチガチに力が入っていたのが楽になり、
余計な力が抜けたことでうまくできるようになっている部分が沢山あるように思います。

一足飛びに上手になったりはしないけれど、
少しずつでもできることが増えていくことは、嬉しいし、楽しいっ♪


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/50-9bb67d9f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫