一番幸せな時間

 2015-02-11
いつからか、家での練習の最後には必ずユーモレスクを弾いています。
レッスンの宿題の曲を全部はやらない日もあるけれど、これは多分毎回やっています。

鈴木教本の3巻で練習したのはかなり前のことだけど、
好きでずっと練習していて、人前で演奏させてもらう機会がある時には、大抵これを弾きます。
言いたい事がたくさんある曲。

毎日練習の最後に弾く時には、自分の好きなように下手でも構わずに弾きます。
初めはうまくできなかったけれど、少しずつわたしらしい演奏になってきているのではないかと思います。
これをやっている時は一番幸せな時間です。
それで練習を終える時、「ああ良かった…」と思うのです。

今日は最後のフラジオレットを弾き終わったら、なぜだかとっても満たされた気持ちになって
そのまま相棒くん(正確にはアゴ当てくん、笑)に首を傾けて左のホッペをつけてじっとしていました。

上手に弾けるようになりたいと思っているけれど、
芸術とか表現とか、わたしなりに追ってみたいけれど、
なによりこれが一番幸せなんだ…と、改めて思ってしまいました。
こういう気持ちは他のことで感じたことがありません。そのくらい幸せ。

聴いてくれる人がいる前でも、こうやって弾いてみたい。
そして、こうしてホッペつけてる幸せな姿を見てもらえたらな…と、そんなふうに思いました。

明日はレッスンで、今も思うように弾けないままだけれど、
それとは別にこういう気持ちを持てるようになったんだ…。
わたしにとって自分を律するというのは、毎日きっちり練習するということではなくて、
いつでも幸せな自分でいようとすることです。

もちろん、練習はきっちりやった方がいいとは思っているけれど。



関連記事
コメント
そんな風に幸せっって考えたことがなかったので
ほっこりあったかい、いい気分になりました(*´∇`*)

試験とか就職とかで、楽器と個性を武器に
戦っていた自分が、なんか・・・心が無い時期でした。

すごく新鮮で、優しくなれる瞬間を
ありがとうございますm(__)m
【2015/02/13 00:52】 | 吉瀬 弥恵子 #- | [edit]
吉瀬さん、嬉しい言葉をありがとうございます。

目指すものがある、職業にするとなると
何が何でもやらなければならないことがあると思います。

わたしはそういうものが無いので、ただ自分のために
ヴァイオリンを弾けることを幸せだと思っています。
でも、きっちりやらないのでなかなか上達はしません。

練習できていないことへの罪悪感などを感じることもまだあるけれど、
ようやく好きなときに好きなだけヴァイオリンを弾くことができるようになりました。

【2015/02/13 01:18】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/495-a2bd6bc3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫