自分はどんな世界の住人か

 2015-02-07
「美的世界の住人さんいらっしゃいお茶会」というのに行って来ました。
自分が美的世界の住人かどうかは分からないけれど、
主催の皆川さんに久しぶりにお会いしたいのと、ゲストの山口由起子さんにも会ってみたかったのです。

表参道の岡本太郎記念館のカフェは落ち着いた雰囲気で、
集まった美的世界の方々が、映画や絵、建築物や舞台芸術や工芸品についてなど
自分の好きなことをシェアしあいました。

普段そういうお話しをする機会があまり無い方もいらして、
わたしもそれほど人に話してはいないけれど、
ここに書いたり親しい人にお話しする機会があることは、ありがたいことなんだな~と思いました。

しかし、「お勧めのバレエの公演は?」と聞かれて、何も思いつかず…。
わたしは自分の好きな、狭い範囲を深-く掘り進めることばかりしていて、
バレエについても、お客さんに見せる側でいることがほとんどで客席に座ろうという気があまりないので、
バレエ公演をお勧めできるような視点が欠如しているのを改めて知りました。

山口さんのふんわり癒される雰囲気に包まれ、皆川さんのリードに乗っかって、
美しい、マニアックな時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

会の後、ひとりで隣の岡本太郎記念館をみました。
かつては岡本太郎さんのアトリエ兼住居だった場所だということです。

2階に『岡本太郎の言葉』という企画展示がありました。
黒い畳のあちこちに散らばった言葉。床のモニターに映し出される言葉。映像で現れては消えていく言葉。
じっくり向かい合ううちに、どうしてか泣けてきて…。暗い部屋で良かった。


10978661_740202106093104_3285635771128619985_n.jpg   10959699_740202129426435_6242318131817619541_n.jpg


   1797574_740201816093133_8349515015136572432_n.jpg



自分が日々考えていることの答えが圧倒的な勢いでやってきて、胸に迫ってくるような感覚でした。
芸術とは何なのか、人生とは何なのか、表現するとは何なのか。
岡本太郎さんに、怒られ、強く背中を押されたような気がします。

バレエや音楽がいつも近くにあり、自分では当たり前すぎて気が付かなかったけれど、
わたしは美的世界の住人で(自分が美しいという意味でなく)、
その中の「表現する人・したい人」なのだと分かりました。

ここを読んで下さる人は、何を今更…と思われるかもしれないけれど、
自分のことは自分では良く分からないもので、
表現する人でありたいと思いながら、自分で思うようにできないことでなかなか認められませんでした。

芸術も表現も上手い下手ではなく、どれだけ自分と向き合うか、
怖がらずに自分でいることができるかが、重要なのかもしれないと思えました。

言葉の書かれた紙を一枚だけ持ち帰ることができるので、迷った末にこれを選びました。


IMG_3990 (1024x768)



『岡本太郎の言葉』の企画展示は2月15日までです。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/492-491be4f3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫