お仕事一段落

 2011-08-18
アーチェリーの練習をした次の日、舞台の仕事に行きました。
15時間以上劇場にいて、その間食事もせず(差し入れのドーナツ1つ食べました)、
そういえば、座ったのはお手洗いに行った一瞬だけでした。
わたし、肉体的にも精神的にも体力あるのだなぁ…と後から思います。

毎回、仕事に行くととても濃い時間を過ごすことになって、
日常ではあまり感じることのないような感情を味わいます。

演目の中にとても好きだった踊りがあって、
久しぶりに見たその踊りと美しい音楽(ナマのオーケストラではないけれど)に、
うっかり涙が出そうになるくらい、幸せな気持ちになった。
以前も同じような気持ちでその踊りを見ていて、
長い年月を隔てて、昔の自分に出会ったような気がした。
わたし、なんにも変わっていない 

変わっていない嬉しい部分がある一方で、変わっていなくてがっかりすることもあります。
苦手だった先輩に、前と同じような感情を持って、
そういうことは卒業したつもりだったのになぁ…とため息。
以前の自分より少しは進歩したつもりでいたけれど、
同じ状況に戻ると、良くも悪くも昔のわたしに簡単に戻ってしまう。
少し時間が経てば、そういう自分を少し離れた所から眺めることができるようになったのが、
進歩といえば進歩なのでしょうが…。

これで、夏の仕事はおしまい。次まではかなり間が開きます。
今後の方向性とか、考えようとすればいろいろありますが、
「やってみようと思った」
「やってみた」
「大丈夫、そんなに心配いらなかった」
こんな感じにシンプルに捉えてやっていきたいです 


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/49-f65719bf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫