相棒くん(ヴァイオリン)の話しを聞く その1

 2015-01-22
先日、数年前から定期的に会っているなおちんの、グループリーディング会へ行きました。
今回は「愛用品・相棒の声から読み解く今年のテーマ」というお題。

わたしの相棒といったらヴァイオリンに決まってる!
ちょうど去年、初めて相棒くんからのメッセージをもらってから1年たちました。 → ヴァイオリンからの言葉
「写真でもいいですよ~」と言われていたけれど、せっかくだから本人目の前にして話を聞きたいと、
いそいそとヴァイオリンを持って出掛けました。

「ヴァイオリンは音は出すけれど話すわけが無い」とお思いの方は、どうぞスルーしてくださいね。
世の中に絶対的にこれが本当というものはたぶん無いし、
その人が本当だと思うことがその人にとっての真実なのだろうと思います。
だからわたしは、自分が楽しく幸せを感じることを「わたしの真実」に選んでいるだけなのですよ。

他にお集まりの方は、スマホくんやカメラ&レンズチームやカメラちゃん。
それぞれの個性的なキャラや持ち主さんとの関係がみんな違って、本当に面白いのです。
みんな、持ち主さんのことをよ~く見ているし、よ~く知っているし、
何よりとても愛していて、一緒に居られることをとても嬉しく思っているのです。

わたしの番になり、相棒くんをテーブルの上に乗せたら、まずはアゴ当てが何か言いたい様子だとか。
なのでまずはアゴ当てくんの話しを聞いてみると、
(なおちんが間に入って通訳してくれます)

新参者の自分が大先輩の楽器に付けてもらえていることを栄誉に思っていて、とっても嬉しい。

クローソンのアゴ当てといえば一応高級品で、
いつどこの誰が作ったか良く分からない相棒くんよりも、世間ではステータスがあると思っていたのだけど、
アゴ当て本人(?)が言うには、

高級品でも素材が良くてもかなわないものがある。それは時間。
だから、古いヴァイオリンである大先輩にくっつけてもらえて嬉しい!
 のだそうです。

去年、大好きな相棒くんが少しでも良い音になったら嬉しいなと思って、
奮発してこのアゴ当てを買って、当初は高級アゴ当てを付けたら相棒くんも喜ぶと思っていたのです。
そうか…、アゴ当ての側が嬉しかったんだ…。

ヒゲとか汗とかイヤだから、女の人のアゴで良かった。
ボクは最初からうまく弾ける人のアゴよりも、これからうまくなっていく人のアゴに付きたかったんだ! 

で、そこに居るみんなに「一同もよく聴くように」と前振りして言うには、

最初から完璧な人が好きな人もいるけれど、伸びシロがいっぱいある人を応援したい人だっている。
今、「伸びシロゾーン」にいる人は、その伸びシロだけですでに愛されているということを、
忘れそうになったら思い出して。

「伸びシロ応援ゾーン」にいる人の気持ちは本当に崇高なもの。
やがて伸びることを信じながらも、なかなか伸びない相手を粘り強く見続けている人は、
素晴らしい仕事をしているんだということを忘れずにいて。


ここまで話したら満足したようで、「自分は前座だから」と話しを終えました。(笑)
ふ~ん、アゴ当てくんも応援ゾーンにいてくれるんだ。
そんなふうに思っていてくれてありがとう。

わたしの伸びシロを信じて、辛抱強く見守っていてくれる人のお顔が浮かびます…。
いつもありがとうございます。

この後、いよいよ相棒くん登場なのですが、長くなったので次へ続く…。



関連記事
コメント
おもしろいです!!(≧▽≦)

楽器に付いている色んなものの気持ちを
考えたことがなかったので新鮮です。

わずかですが、うっかり傷つけた時とかは
すんごく謝ります・・・
【2015/01/23 00:49】 | 吉瀬 弥恵子 #- | [edit]
吉瀬さん♪

まさかアゴ当ても言いたい事があるなんて(笑)

うっかり少し傷を付けたくらいでは、あちらは何とも思ってないかもしれませんよ。
それより、そんなに謝るくらい大切にされてるのを喜んでいるに違いないです!

【2015/01/23 10:32】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/485-2c501902
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫