弓の邪魔をしない(アーチェリーもヴァイオリンも)

 2011-08-14
今日は久しぶりにアーチェリーの練習に行きました。
京都に行く前から、2ヶ月ぶりです。
朝から子ども達のアーチェリー講習会のお手伝いをして、午後は練習。
丸一日練習場にいて、紺のポロシャツに白く汗ジミができてしまいました。

的に向かって射ちながら思ったこと。
弓の邪魔をしない。
的に真っ直ぐに弓を向けて、そのまま素直に真っ直ぐに弦を引いて、ぶれないように放す。
ただそれだけ。弦が矢を押し出すのを邪魔しない。
それが最も効率よく弓の力が矢に伝わって、エネルギーのロスが少ないし、矢はまっすぐ飛ぶ。

ああ、ヴァイオリンと同じだな、と思いました。(^^)
弦に弓を直角に当てて、ただ横に引っ張る。
弓が弦を振動させる、その振動を邪魔しない。
振動した弦が楽器本体を振動させて響かせるのを邪魔しない。

うん、同じだ同じだ 
書くととても簡単なことなのだけど、やるのはなかなか大変。
それも同じだな~。

しばらく練習できていなかったけれど、思ったほど射てなくなってはいませんでした。
初心者の頃、あまり練習していないのにちゃんと射っている先輩を見て、
とっても不思議だったけれど、
今では自分もそういう領域の人になったのかな???


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/48-f6a18ea6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫