ギコギコ・ゴシゴシ弾かない

 2014-12-10
少し間があいてしまいました。
土日は北関東へ泊まりがけで舞台の仕事でした。
2日間働いたら体が元に戻るまで2日かかってしまいました。

せっかく音色について見ていただいたので忘れたくないと、
レッスンの次の日、ボウイングの練習をレッスンの録音の先生の声を聴きながら練習しました。
先生の音に続いて弾くと、わたしの相棒くんも先生のヴァイオリンの音に似てくるので、
しばらくは続けてみたいと思います。

カイザーの課題をひと通り練習したあとに、いつも弾く好きな曲を何曲か弾いてみました。
そうしたら!
今までとちょっと違って、軽くて良く響く無理のない音が出ました!(と自分では思います…。)
なんだか相棒くんの格が上がったような音でした。
ヴィブラートが上手くないので、「艶やかな音」にはならないのだけど。

「フォルテは身体の力を抜いて、より楽器を響かせる弾き方」というのが実感できました。
弓でゴシゴシ弦をこすっても音がキゴキゴして潰れて、大きな響く音にはならないのです。
頭では分かっていたつもりでも、つい一生懸命にゴシゴシしてました。

こういうゆったりとした気持ちで弾くと、相棒くんもちょっと気持ち良さそうな音を出してくれて、
わたしも幸せだなぁ~と、いろいろとできていない事も忘れて思います。

ヴァイオリン弾くの嬉しいな。やっぱり好きだなぁ~、と思うのです。
自分は練習熱心ではなく、どちらかと言うとナマケモノだと思うけれど、
練習の成果は今自覚できていなくても、きっとあるのだろうと思いました。


10834104_754226454651303_1837902764_n (2)  この前のお金磨き&ヴァイオリンの日に


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/471-3d6008bc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫