何のためにヴァイオリンを弾くのか

 2014-11-06
今日はヴァイオリンのレッスンでした。
先日の弦楽器フェアで、自分とは違う美しい音色を耳にして、
自分は何を目標にヴァイオリンを弾くのか分からなくなってしまった、と先生に泣きごとを言いました。

「何を目指してヴァイオリンを弾くかということは、誰にとっても答えは無いのだと思います(^^)」

普段は、自分がやりたいからやる!というだけで、それに目的は必要ないと思っているけれど、
一瞬、自分の現状を省みて、「自分はヴァイオリンを弾いているなんて言えるような音じゃない。」
「人前で弾くなんてもってのほか。」なんて、すごくイジケた自虐的な気持ちになったのでした。

「わたしが練習したって、ああいう音が出せるようにはならない。」
誰に何を言われた訳じゃないけれど、勝手にそう思ってすごくガックリしてしまった。

今できなくても、この先もずっとできないかどうかは分からない。
先生はちゃんとした音が出せるように教えてくれているのだし、
何より、「大人からでも良い音で弾くことはできます」というのを見て先生に習うことにしたのに、
一瞬だったけれど、自分からそれを否定してしまったのでした。

たくさんの課題をこなさなければと思うだけで憂鬱な気持ちの日々が続いて、
でも思っているだけで、毎日それほどたくさん練習できてはいないことで自己嫌悪になったり、
他の事がはかどらないことも、心のどこかでヴァイオリンの練習のせいにしようとしていたり。

数日経ったら、そのうちもう少し綺麗な音で弾けるようになるかもしれないと、ちょっと思えました。
立ち直りの早いのが、わたしの良いところです。
ただ、頭の中で鳴っている音を、弦楽器フェアで聞いたような音にしないと。

レッスンの途中で先生の楽器と弓で弾くことに。「違う楽器で弾くと、頭の中の音が変わります(^^)」
先生もわたしと同じ事を感じていてくださったようです。

カイザーは大変だけど、ただ淡々とやるのみです。訓練だと思ってただやる。
やりたくないとか、嫌いとか、できないとか、いろいろ考えない。
「いつか振り返った時に、遠くまで来たと思う時が来ます(^^)」
いつかはいつだろう?(笑)と思うけれど、カイザーは3巡目で一旦終わりになるようです。
終わりが見えた…。

相棒くんと楽しく過ごす時間をもう少し増やそうと思います。
これまでも練習の最後にちょっと好きな曲を弾いていたけれど、
疲れてしまったり時間切れになったりして、できないこともありました。
でも、わたしの最上の幸せタイムなので、もっとゆっくり味わうことにします。

レッスンが終わって外に出たら、雨がパラパラ降っていました。
大事な相棒くんを上着の内側に抱えて雨がかからないようにして歩きました。
ちょっと、赤ちゃんだった頃の息子を抱っこしていた時の気持ちを思い出しました。



関連記事
コメント
こんばんは!
「自分がやりたいからやる」は私もとても同感です。

現在目的としてあるのは、鈴木の10巻終わらせるというだけなので、その先はどうするのか、とか不安になるときがあります。その目標が達成されれば終わりにするのか、別の目標を設定するのか・・私は目的達成型なのですが、達成したからってどうなるのかなぁ・・・とか。

考えてもいいことはなさそうなので、結局「自分がやりたいからやる」に戻ってきますね(笑)。

多分、自分がイメージできることは、練習すればいつかできるようになるのだと思います。最終的に、そのイメージの質とか、深みとか、豊かさとかがモノを言うのだと思います。私などイメージが貧困で(笑)。少しでもイメージが豊かになるように、YouTubeで色々聴く日々です。
【2014/11/11 19:19】 | クレモナ親父 #- | [edit]
クレモナ親父さん、こんばんは!

小さい子どもの頃からヴァイオリンの英才教育を受けて育った方の中には
始まりが「自分がやりたいから」では無かった人もいるかもしれず、
自分で選んでヴァイオリンを40過ぎから始めたわたしは幸せなのかもしれないと思う事があります。

どうなりたいかというよりも、今、ヴァイオリンで苦しかったり楽しかったりというのが
もう充分「ヴァイオリンを弾く意味」なのかな?とも思いました。

鈴木の教本10巻達成は確実に成されることでしょう!
達成したらその時に何か新しい道が開けるのだろうな~と思います。何でしょうね。楽しみですね。
わたしは教本は3巻までしかやっておらず、
機会のある時には3巻最後のバッハの「ブーレ」ばかり弾いています(笑)
行き当たりバッタリ型なので計画があると苦しくなります(^^;

イメージすることが実際にできるようになるのは、人間の最強能力ですね!
わたしの場合は、イメージと実際に自分がやっていることの違いに気が付かないことがあります(涙)
クレモナ親父さんの演奏、イメージ力が無い人のものとは思えませんが?(笑)
誰でも自分には厳しいものですね~。
【2014/11/11 19:53】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/461-85baccbf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫