ダブルヘッダーはやっぱり大変(^^;

 2014-10-25
一昨日は今月2回目の、アンサンブルとレッスンのダブルヘッダー。
先回はアンサンブルを休んでレッスンだけにさせてもらったけれど、
治療が終わって元気も復活してきているので、どちらも行かねば!

ヴァイオリンのケースを肩から下げたら、あれ?軽い〜!
いつも同じ重さのはずが、わたしの状況によって重くなったり軽くなったりして、面白いですね。

アンサンブルの先生ほか数名の方はスカート姿で、座った時にキレイに膝を閉じて弾きます。
なんだか色っぽく見えるな~なんて思っている場合ではなく…。
「クリスマスコンチェルト」の後半は間違えてばかりでした。

レッスンのカイザーは自分的に全然思うように弾ける準備ができていなかったけれど、
今回もなんとか終わり次回は2巡目の27、28番と3巡目の5、6番です。

たくさんの曲をそれなりのレベルで弾けるようにしておかないといけないダブルヘッダーの日は、
自分の能力ではまかなえません。完全に容量オーバー。
でも、以前のような追い詰められたような気持ちには、あまりならなくなってきました。

決してあきらめているのではなく、ちゃんとやりたいと思っているけれど、
その時その時の自分にお任せするしかない…という境地。

レッスンが終わったら先生に「放心してるように見えますが…(^^)」と言われました(笑)。
でもその後、先日のライブの写真を見ていただいたら
嬉しいことを言っていただけたのですっかりご機嫌になりました。
「良い表情で撮れていますね(^^)。」
「この写真から見ると、ちゃんと弾ける人だと分かります(^^)。」

わたし、褒められて伸びるタイプですー!嬉しいですー!

その余韻もあって夜まで元気にしていたけれど、
その前の練習も含めて急にたくさん弾いたのでさすがに疲れたようで、
昨日は外出から戻り、そのままへんな時間に横になってしまいました。

こういうの、ちょっと大変だけれどなんだか面白い。
毎日を充分に楽しんで過ごしているな~と思います。


__ (2)   雨上がり、家の近くのお寺の木




関連記事
コメント
ささきみほさん、
こんばんは!
ダブルヘッダーとはすごいですね。

私はたった20分のレッスンで魂が抜けます(笑)。
近場なのですが、2時間は家に帰れません。

「その時その時の自分にお任せするしかない…」という考え方、はっとさせられました。見習わせていただきます!
【2014/10/25 22:55】 | クレモナ親父 #- | [edit]
予定が重なる可能性を薄々感じながらそうしているので自業自得を楽しんでいます(笑)

わたしもクレモナ親父さんと同じく、楽譜は時間をかけて「解読」しないと読めません。
何度やっても解読作業から練習が始まるので能力オーバーになってしまいます。

考えて弾いていないので、考えてもムダなんですよ~。
反射神経と小さい子どものような思考回路で弾いているんじゃないかと(^^;
だから「お任せ」するしかなく…。(笑)
【2014/10/26 10:11】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/456-ca066d97
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫