手錠をかけないで!

 2014-09-21
バンドとの音合わせの後、だんだん楽しい気持ちになってきています。

少しテンポが速くなったのでしばらくメトロノームで練習した後、
音合わせの時の録音と一緒に弾こうとするとなぜか緊張して上手くできない日が続きました。

月に一度の「ワークシートの会」で、
当日、メトロノームを思い出せば落ち着いて弾けるのでは?という話しになったのだけど、
どうやらそれは自分が本当に望んでいることではない。

結局、「自由に踊るように弾く」という、わたしにとっては毎度おなじみの方針になりました。
「いつも僕に手錠をかけるー!!」と言って怒っている自由を愛する少年がわたしの中にいるらしい…。
ごめんねー。だってわたし意外とマジメだから、ちゃんとやろうとするとそうなっちゃうのです。

音楽は、ちゃんとマジメにやらなくてもいいんだよな。
間奏を弾くことが、果たすべきお役目のように感じていたのかもしれません。

わたしが好きなように弾いても、それが道を外れることはないと自分で分かっているのに。(マジメだから)
固まって生真面目に弾いている方が、音楽にそぐわないのも分かっています。

気持ちが切り替わり、左手の指使いも見直して弾きやすくしたら、
なんだかちょっと楽になったみたいです。

7月に初めてやった「ヴァイオリンの会」の後、
先生に「もっと押しの強い演奏を(^^)」という課題をいただいたのを思い出しました。
いつも言われていることだけど、今回はいつも以上にそういうふうに弾く曲です。

音合わせの時には、メチャクチャ腰が引けてる感じだったけれど、
今は押しが強いとまでは行かなくても、引けていた腰がまっすぐくらいにはなったかも。

ヴォーカルの浮揚さんのために、10周年の安達さんのために、そしてもちろんわたしのために。
わたしに手錠をかけないで、相棒くんと歌ってきます。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/447-edc1a2b5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫