レッスンでカイザー20番

 2014-09-04
今日はヴァイオリンのレッスンへ。
すっかり涼しくなり、大事な相棒くん抱えて日陰を選んで歩かなくても良くなりました。

しばらくマッタリしていたのは、すぐに疲れてしまったり、
ヴァイオリン練習しても思うように指が動かなかったりして、なんだかなぁ~というのも原因でした。
そんな時に、よりによって課題は難しいカイザー20番と前回からの持ち越し19番。

重音のオンパレードの20番、一巡目の時には手元を見ないと弾けなくて、
楽譜と両方見ることができないので、なんと暗譜したのでした。(でも間違えた…)

今回はもうすっかり忘れていて(笑)、楽譜を見ながら気になる所は手元をみて、
で、楽譜に戻ろうとするとどこだか分からない~。(同じようで違うフレーズがたくさんあるのです)
指はプルプルするし、届かないし、もうグッタリしていたのです…。

数日前から、楽譜だけを見ることにする!と決め、またグチャグチャになりながら弾いて…。
でも!慣れてくると、手元を見るよりも楽譜を見た方が少し音程が良くなりました。
ですよね~。ヴァイオリンはそうやって弾くものですよね。

今日もレッスンの前に悪あがき練習をして、20番は次に持ち越す覚悟でレッッスンへ。
けれど、先生とゆっくり弾いたらなんとかできました。
自分では思うように指が動かないと感じていて、一生懸命に弾いているのだけど、
「見た感じはそれ程弾きにくそうには見えない(^^)」とのことです。

ポーカーフェイスじゃなく、ポーカーフィンガー??
でも、見た感じあまり分からないように弾いているというのは嬉しいことです。

ライブで弾く、曲の間奏も見てもらいました。
もし今よりも指の動きが悪くなったらどうするか?など、
先生はいつも最悪の事態にどう対処すればよいのかを教えてくれます。
これで安心です??

ヴァイオリンたくさん弾くとだんだん指の動きは良くなるけれど、終わるとすぐまたカクカクします。
毎日しっかり練習して、現状維持に努めます。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/442-5c42e22e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫