魔女じゃなかった(^^;

 2014-08-26
有名な演奏家がどんな格好でヴァイオリンを弾いているのか、時々youtube で探して見ています。
研究と言えるほど熱心にできてはいないのだけど。

自分の場合、まっすぐに立つというのは、
文字通り、かかとから頭の先まで串刺しにしたように一直線になることですが、
ヴァイオリンで安定した姿勢で立つというのは、そういうことじゃないのが分かります。

ヴァイオリンを構えたら、顎で楽器を挟む都合上、頭は身体の軸よりも前に出ている人が多いです。
わたしの言う「まっすぐ」な人も探したら見つかりましたが、
自分がそのように弾こうとすると上半身がカッチリと固まってしまって、
さらにそっけない薄い音になってしまいました。

「望む音を出すための姿勢(^^)」ですよね。んん…、納得。
やっぱり「まっすぐ」の定義を変えないといけません。
今までもそのように立っていたわけじゃないのだけど、試してみたら違いました。

映像を見始めると、つい研究というよりも鑑賞モードになってしまいますが、
巨匠たちを見ると弓を持つ手が、本当に「ひよこをそっとつまむように」優しく軽々としていて、
人差し指が離れたり、小指、薬指が離れたり…、羽根でも持っているかのような動きです。

左手の方も、指板の上を行ったり来たりするのに合わせて、
親指がまるで生き物のように動き回って、ネックの横に出たり下に入り込んだり…。

それはね、この方です。
埋め込み禁止のようなので、良かったらリンク先で見てみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=bqX-BYLhhqk

白鳥の湖3幕のロシアの踊りの曲。日本では「ルースカヤ」と呼ぶことが多い曲です。
以前、バレエの音楽の演奏を探している時に偶然に見つけたのですが、
「この魔女のような人は何!?しかも妖怪的に上手いみたいだし…。」と印象に残っていました。

やっぱり只者ではなく、イダ・ヘンデル(Ida Haendel)という超有名なヴァイオリニストでした。
調べていて今日知りました。魔女なんて言ってゴメンなさい。
『パガニーニ』を演じたデビット・ギャレットさんはこの人に手ほどきを受けたようですよ。

今度のレッスンまでにカイザー20番を何とかしなければならないのだけど、
「こんな曲だった」というのは覚えていても、指は全く覚えていなくて…。
今までとは別の意味で、また「はじめまして」です。
youtube見て現実逃避している場合ではない。うう…。どうにもなりそうにない予感。



関連記事
コメント
こんばんは☆

私も昔の大家が大好きです!!

ものすごく上手で、勉強するところがあり過ぎて
何回聴いても感動して元気をもらってます。

姿勢は、基本の姿勢が身体でわかっていれば
その後は自由に自分スタイルですね♪
【2014/08/27 01:20】 | 吉瀬 弥恵子 #- | [edit]
吉瀬さん☆

見ていると、本当はどこがどうと言うことよりも全部ひっくるめて
ヴァイオリン弾くのはこんなにも素敵なことなんだ、と思います(*^^*)


自分スタイルは…
良くも悪くも、きっとできつつあるのだろうと思いますが、
少しずつ意識して良い音の出るスタイルを作れたらいいなと思っています。

【2014/08/27 07:55】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/440-28459fad
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫