雨でもアーチェリー

 2011-07-31
京都での大会の後、3週間何も練習できないまま試合へ行き、
その後も3週間あいて、今日はクラブの夏季フィールドアーチェリー大会に行きました。
6週間で2日間だけしか射っていない。こんなことはアーチェリーを始めて以来、初めてのこと。

だからといって、練習できていないから参加しない、という選択肢は全くなく(^^;)、
いつものように楽しみに出かけました。

が、今日は予想以上の、天気予報以上の雨。
家の近辺はそうでもなかったようですが、現地はとうとう最後まで止み間がありませんでした。
アーチェリーはカミナリ、台風、的が見えない霧や雪でなければ天候に関係なく行われ、
クラブの試合とはいえ、中止はしません。
というか、誰も止めようと言い出す人がいない…(^^;)。

わたしはカッパを着ないで傘をコースに持って入り、射つときには無防備に濡れましたが、
カッパを着ていた人の方が、結局中が蒸れてしまって、
脱いでみたら、わたしよりも汗で濡れてしまっていました。

おかしなもので、射つときには雨はほとんど気にならず、それよりも気になるのが、蚊!!
雨に全く関係なく、たくさん寄ってきては刺します。
虫除けスプレーも雨で流れてしまい効き目が薄く、わたしも腕や顔、数箇所をやられてしまいました。

お昼の後も雨は降り続いていたけれど、やっぱり誰も止めようと言わず、
(師匠は「午後もやるの~?」とは言ってたけれど)、参加者全員、完射しました。

こんなコンディションにもかかわらず、結果は前回、3週間前とほぼ同じ。
なんでだろう?不思議だな?
でも、こんなことがそんなに長く続くわけはないので、一段落したらまた練習しますよ


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/43-920fd1f0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫