お仕事は?

 2014-07-29
普段「お仕事は?」と聞かれて「舞台の裏方です」と答えるのに違和感があるけれど、
今は年に数回ある忙しい時期なので、ちゅうちょ無くそう答えるだろうと思います。

いつからか自分の存在価値を「○○のわたし」に求めることを止めました。
○○は舞台の仕事だったり、アーチェリーの選手だったり、他にもあったと思うけれどもう忘れました。
わたしの存在価値はだた「わたし」であること。

こう書くとなんか「おおっ!」と思うけれど、
実際には自分を根無し草のように感じたり、とっても頼りなく思うことが。
自分でコレだから、人には上手く説明もできないし。

自分の興味のあることや目の前に差し出されることに思う存分に向かうこと。
それによって生かされるという生き方を選んでいます。

以前自分のアイデンティティーのひとつだった仕事を、今のようなスタンスですることは勇気がいるけれど、
今の状況を、望めばそういう環境がやってくるのですよ~、と解釈しています。
仕事は1回完結型。先のことはまたその時に。

わたしはこれから先の、どんな可能性にも開かれている。

こう書くとまた「おおっ!」と思っちゃうけれど、
そうでも思わなかったら40過ぎてヴァイオリンなんか始めませんよ。

子供の頃のわたしは、こんなこと全然考えていなかったな。
10年くらい前にはなんとなく気配は感じていたと思うけれど、それに気付かない振りをしてたかも。

誰でも、今何をしていても、同じようにこれから先の無限の可能性に開かれています。
自分でそう思いさえすれば。

今日はこれからヴァイオリンの練習と明日からの仕事の準備を少しと
冷蔵庫カラッポだから買い物に行って、あ、土用の丑の日だから今夜はウナギかな。
来週からはヒマだから「パガニーニ」の映画を観に行きたい!



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/429-2197a842
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫