動きをイメージして弾くと…

 2014-07-25
ヴァイオリンへの取り組み方に、音から入る方法と、形から入る方法が考えられるそうです。
わたしは体の動きについてのイメージをたくさん持っているようなので、
格好から入る方が上手くいくのではないかと、先回のレッスンで先生から提案がありました。

ただのロングトーンの練習でも、先生が言うことを体の動きのイメージに置き換えて音を出すと、
なぜそうなるのかは分からないけれど、いつもとは違った密度のある音が出てきます。

この前弾いたテレマンも、
「バレエの振り付けをするとどうなるか、音ではなく動きのイメージでできますか(^^)」
と言われて弾いてみると、
「この前の演奏よりも今の方が、はるかにこの曲らしくなっています。(^^)」
確かに録音を聴いてみると、とても大きく、表情のある音楽になっています。

「自分では何が違ってこうなるのか、分かりません。不思議です…。」
「ぜんぜん違う音がしていますよ(^^)。具体的に違っているのは音の長さ、音量の変化です(^^)」

動きをイメージすることで、それがわたしの体の動きに移って、
ヴァイオリンを弾く動作に変換されて音が変わってくるのだと思います。
少しだけれど、そういうことができるところへやってきたのだ…と、今これを書きながら思いました。

「気持ちだけ入っていればそれっぽく聴こえる、と言うのとは違うこと(^^)」だそうですが、
自分でやっておきながら、謎です…。

「ヴァイオリニストは弾きながらいろんな動きをしているけれど、あれは何でしょう?」と質問したところ、
「あれは、あの音を出すために必要な動きなんです(^^)」とのことでした。
曲から受ける印象を動きのイメージに変えてから弾くことで
良い音にしようとするわたしとは逆ですが、
やがては音のための動きに変わっていくのだろうと思います。

Youtube で見ても、人によってさまざまな動き方で個性的です。
女性ヴァイオリニストは美しい人がたくさんいるけれど、
演奏する動きという観点からすると、自分の好みに合う人はあまり見つかりません。
見た感じが濃厚な感じの人は苦手だな…なんて思っていたら、素敵な演奏を見つけました。




自分とは容姿が全く違いますが…。

わたしがいつかできるようになりたい「踊るように弾く」というのはこういう演奏です。
あ、この曲が弾けるようになりたいというのとは違いますよ。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/428-6579483c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫