相棒くんとレッスンへ

 2014-06-19
今日は新しいケースに入れた相棒くん(ヴァイオリン)と一緒にレッスンへ。

楽器の点検と弓の毛替えをした事をご報告して早速チューニング。
「それでは松脂が足りません(^^)」と先生。
毛替えをした弓には使い始めにたくさん松脂を塗らないと音が出ません。
わたし、初めて使う時に結構塗って、それで満足していました(笑)。
言われてみれば、家で練習している時に「何かヘン?」と思ったのはそのせいかもしれません。
自分の弾き方のせいかな?と思っていました。

今回のカイザーは2巡目の13番と14番。
家でどちらも練習を始めたけれど、また左肩の様子がおかしく、14番を途中であきらめました。
これまではかなり無理してでも何とか納得できるところまで弾けるようにしようとしていたけれど、
今、カイザーで無理をするのはやめようと思ったのです。

「ゆっくりでもつっかえつっかえでも良いので、やりましょう(^^)」
「!!!」 (ドッキリ)
先生はいつものように穏やかなままですが、あきらめさせてくれませんでした(笑)。
「でも身体のことで無理があったらおっしゃってください(^^)」
ゆっくり2回弾いて、途中怪しいところもたくさんあったけれどこれで良い事に。

やっぱりあきらめずにやった方が良かったんだなぁ。次回はそうできるかな…。

朗読の後ろで弾く曲はテレマンの「無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア」の1番1楽章です。
ヴァイオリンの調整が済んで、前よりも大きな音が楽に出るので
「そんなに弾こうとしなくて良いです(^^)」と先生。
あーそうだった、そうだった!
何かが変わればそれに合わせて弾き方を変える必要があるんだった!

朗読とヴァイオリンの会について、「参加費をいただいての会です。」とお話ししたら、
わたしの腕前を誰よりも良くご存知なので、
もしかしたら困った顔をなさるかもしれないと思っていたけれど、そんなことはありませんでした。

先生は、ヴァイオリンを楽しめるように弾き方やその他多くのことは教えるけれど、
そこから先、どのようにヴァイオリンを楽しむかは当人に任せるという考えをお持ちです。(と思います。)

レッスンの後、お聞きしたいことがあって質問したら、
いろいろと弾いて実演付きで説明して聴かせてくださいました。すごく良く分かりました!
百聞は一見にしかず。新しく知ったこともありました。

というわけで、今日はレッスンの後、とっても元気になって帰ってきました!!



♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

 ~  お知らせ ~

  7月11日(金)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから vol.1」 
                          朗読&ヴァイオリンの会

               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/414-18e1f179
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫