仕事用の靴

 2011-07-25
久しぶりに戻った舞台のお仕事で、大変なことは山ほどあるのですが、
一番辛いことは靴が合わなくて足が痛くなってしまうこと。

わたしが履く靴は、年に数回しか履かないスニーカー以外は全部自分で作った靴。
デザインにこだわりがあるとかではなく、
買った靴が足に合わないから、自分の足に合わせて靴をつくる。
1年勉強して、その後は細々と自分のや身近な人の靴を作ったりした。(今はお休み中)

アーチェリーの練習用に弓道場の板の間で履く上履き代わりの靴を作ったり、
フィールドアーチェリーに行くための山用の靴を作ったり、
何かを始めると、そのための靴が必要になる。

仕事用に靴が必要なのは、戻ることが決まってからわかっていたことなのだけど、
アーチェリーの大会やヴァイオリンに忙しくて取り掛かっておらず、
取りあえず間に合わせに買った靴を履いて仕事に行ってみたけれど、これが全くダメでした。

なんとかしたくて、初めての現場のあとその靴をちょっと改良して次の仕事に行ったけれど、
その前とあまり変わりなく、やっぱり足が辛い!!
親指の爪の、先ではなく根元が黒くなってしまいました

またあの痛い思いをするのはイヤだけど、靴を作っている時間がないゾ…。
ず~っと、どうしようか悩んでいましたが、今度の仕事に間に合うかどうか分からないけれど、
とにかくやろう!と思い立ち、土曜日から作り始めました。

靴を作るのに一番時間がかかるのは木型を作ること。でもこれは自分のがあるので大丈夫。
型紙も苦手なので時間がかかります。
が、今一番足に合っている靴の型紙をちょっと変えれば、望む機能の靴ができそう。
今週はアルバイトの休みもないし、ヴァイオリンの練習も今のうちにやっておきたいし、
どう時間のやりくりをするのか自分でも不明?ですが、
できる!と思ったことはできるはずなので、なんでもいいからやってみましょう!!


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/41-94b7cc17
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫