左肩その後のその後

 2014-05-29
筋力低下による亜脱臼の余波で「五十肩のようになっている」と言われた左肩、
(まだまだ40代なのでとっても不本意だけど!)
注射で痛みを抑えながら動かして可動範囲を広げていこう、という治療を始めて一ヶ月。

今では電車のつり革に手が届きます。揺れたら危ないので本気ではつかまらないけれど。
棚のものを取ったりできるし、右の肩に左手のひらも届くようになりました。
壁のスイッチにも手が届きますが、横方向と後ろはなかなか…。
お尻の左ポケットに携帯電話を入れるような動作はできません。

右と同じように腕をぐるっと一周回せるようになるのが目標なのだけど、
そういう日は来るのでしょうか…?

また時々はアーチェリーをやってもいいかなぁ~とも思うのだけど、
わたしはかなり肩に厳しいフォームで射っていたので、
そのように肩を使おうとすると、腕は下45度くらいまでしか上がりません。
実際は肩を全く上げないまま腕を水平よりも上、目の高さまで上げるので、
また射とうというのは妄想で終わるかもしれません。

ヴァイオリンは早い時期から無理やり動かして弾けるように頑張ったので大丈夫。
とはいえ、腕が開けなかったのでかなり正面寄りにヴァイオリンを構えていました。
良くなってきたのでこのところ元のように斜め前に構えています。
そうやるとまた肩が少し痛くなる…。でもこれもリハビリ、リハビリ。

ん~、そうか。
弾く姿勢が以前と変わってしまっていたのは仕方のない事だったのかもしれません。
物理的にその姿勢がとれなかったから。
今はそんなことないので、元に戻さなきゃ。

元の姿勢で弾こうとしてもなんとなく感じが違うので、久しぶりに上体をストレッチしました。
肩が痛いと体中が不自由になったような気分だったけれど、
できるところをやるだけでもかなりすっきりとしました。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/406-e5e751c1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫