ヴァイオリンと出掛けました

 2014-05-28
週末に昨年行ったことのあるヴァイオリンの交流会へ、
昨日はスマイルカフェのヴァイオリン体験へ行きました。

急にいろいろなところで弾きたくなったというのではなく、
もともといつも気にかけていながら実現できなかったことで、ちょうどタイミングが合ったので。

わたし、とっても緊張する人なんだというのを再認識しました。
弓が震えたり、ヘンな汗かいたり、慣れないのに(笑)楽譜見ようとして間違えたり…。
緊張する場ではどんな簡単な楽譜も初見では弾けないし。

人と比べようとすることや、
このくらいの経験年数ならこの程度のことはできないといけないと思ったり、
普段家で練習している時には考えもしないことが心に浮かんでくるからなのだろうな…。

家で練習してから出掛けても、そういう場所へ行くと「まるで別人」のように感じます。
一回弾いてから少し休憩すると、だいぶ落ち着いてきて次からは少しマシになるけれど。

スマイルカフェで弾いている時の写真を撮ってくださった方がたくさんいて、
久しぶりに自分がヴァイオリン持っている姿をみたら、あらら…望む姿とはかなり違っていました。
いやぁ、本当にいろいろな角度からの写真があって、思うことがたくさんあります。ありがとうございます!
っていっても、ここには載せませんが(笑)

肩や身体の不調の影響もあると思うけれど、身体が縮こまっています。
これでは自分の思うように弾けないよなぁ…。

体調のことは別にしても、自分が望むような立ち姿にヴァイオリンを構えることはできるはず。
自分が心地よい姿勢でいることが、わたしにとっては大事なことのひとつでした。
自分らしくいることの出発点なのに、それとぜんぜん違うことをしていました!
無意識というのは恐ろしい…。

ということで、夜にヴァイオリンを構えてサッシの窓に映る姿を見ながら(鏡より全体が見えていいです)、
肩当てを調整し直して、でもまだ違和感あるのでプラスチック製のマッハワンに戻しました。
肩当てのせいというよりも、顎でヴァイオリンを深くくわえ過ぎていたのかも。

その結果、身体から少し余計な力が抜けたような気がして、弾きやすくもなったみたいです。
気のせいでないといいのですが…。

気付くことが多かったのでそちらにばかり気が行ってしまいますが、
交流会もスマイルカフェでの合奏もとっても楽しいものでした。

上手くいくこともそうでないことも全部経験で、どんなふうに次に繋がるのか、楽しみです!?



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/405-0bc8e527
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫