ヴァイオリンを通してやりたいこと

 2014-04-30
お久しぶりになってしまいました。
勉強のために出かけたり、各種お仕事(笑)があったり、喫茶店でお金磨きしたり、
ついでに体調崩したりして(肋骨もまだ痛い…)、忙しく過ごしていました。
通院での点滴の治療も今日で無事に終わりました。

そしてヴァイオリンの練習が全くできなくて…、ようやく今日から再開です。
ヴァイオリン練習できない時に感じる罪悪感は何なのだろう?
できないなら「練習できません。以上、終わり。」でいいのに。

自分が幸せを感じるのはどんな時か?
いつもそんな事を考えています。
美しいヴァイオリンの曲を聴いている時。
自分でも呆れるくらい簡単に、最上の幸せな気分になります。
気持ちがテロテロに溶けて、天国へ行った気分。

練習していると苦しくなったり、聴くと幸せになったり…、
どうしてかは分からないけれど、ヴァイオリンは私にとって何か特別なものです。

「踊るように、歌うように、遊ぶようにヴァイオリンを弾くこと」
わたしがヴァイオリンでやりたいことです。
それがどういうことなのか、改めて考えてみたら、
聴いている人にどう聞こえるかではなくて、
弾いているわたし自身が、感じているままをヴァイオリンを通して音にしたいということ。

でもそれをやるには技術がないとできないので、そのために練習をしているんだな…。
それを思えば練習は修行ではなくて、わたしの望みをかなえる方法のひとつ。
すっかり忘れて練習はただの修行のように感じていました。

「きちんと・正しく弾きたい」という自分の中の強力な自我先生を突破して
好き勝手に自分の思うままに弾きたい。
そうした時に、美しい音楽が自分のヴァイオリンから出てくるのが望みです。
40過ぎてヴァイオリンを始めたわたしには分不相応な望みだと分かっているけれど、取り下げません。

朝からいろいろ考えていたら、自分の「魂の欲求」みたいなのに触れてしまったようで
また、電車の中で目の前がにじんで来てしまいました。
あ、いけない…と思って、今日は2駅くらいでおさまりました。

朝っぱらから大のおとなが恥ずかしい…。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/396-22a5d24f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫