お茶目な主治医先生はゆるキャラ風

 2014-02-28
今週中の退院は無いのか…と、3月のカレンダーも貼ってみたけれど、
検査予約を入れる前に「明日検査して…」と言っちゃう、
お茶目なゆるキャラ風主治医先生(看護師さんと意見が一致しました!)なのでまだ望みは捨てず。
朝イチの足のリハビリでも、もしかして退院になったら今日が最後かもと、先生にご挨拶して、
午後の手と肩のリハビリでは、今後の日常生活の注意や自主トレの進め方を教わってきました。

お昼ごろ、若い担当医先生が握力計を持ってやってきました。
右は30キロ(入院時より+10キロ)、左は右手で腕を支えてなのでうまくできず10キロ(変化なし)。
リハビリの先生に報告したら「でも実際は10キロよりはありそうですよね。」と。
わたしもそう思う!

今週の半ばくらいから「退院したいオーラ」を発し続けていて、
担当医先生も、リハビリだけのために入院しているのは気の毒だと思ってくれているみたい。
「主治医先生と相談してみます。」と言ってくれました。

夕方になって先生たち3人揃ってやってきました。
「ん~、この肩じゃ退院できないなぁ~。」
その言葉とは裏腹に、ゆるキャラ主治医先生の表情から「退院だ!」と分かりました!!
「仕方ない…、じゃあ退院させてあげようか。」もったいぶって硬派におっしゃるので
「ははぁーっ。ありがとうございますっ!」とわたしも硬派にお返事しました。

「イヤイヤ、まぁまぁ…(笑)。」
今回の入院では初日からなんだか先生3人揃うと漫才みたいなやり取りをしていて、
和やかな気持にさせてもらっていました。

リハビリの先生に言われた「ケガの亜脱臼と同じく3週間は固定する」ということや、
日常生活の注意点を先生にもお伝えしました。
様子を見て良くならない様だったら外来で追加治療をすることになります。

「良くなったらやらなくてもいいんですよね♪」とわたしが言ったら、
「ん~、この感じだとあんまりそう思えないんだよね~。」と先生。
でも、わたしが思っていることがたぶん正解!思えばそうなるはずだから。

実は日曜日、月曜日、その後も予定を入れていて(アクティブなのじゃないから肩は大丈夫)、
今回も昨日の時点ではキャンセルせず、今日まで待つことにしていました。
わたし、懲りない性分だな…。

これにて入院日記第2部はおしまいです。
今後、万が一治療するとなっても外来対応になるので、完結編ですね。
毎日同じようなことを繰り返し書いていましたが、読んで下さってありがとうございます。

昨日はちょっとブレてしまったけれど、やっぱり決めればそうなるみたいです。



関連記事
コメント
こんばんは。
退院決まってよかったですね。
思えば去年の今頃私も退院の気配…検査結果待ちでしたっけ。
退院してからもムリせず、
からだを観察しながらお過ごしくださいね。
普通の日常が幸せ、おうちのお風呂に入れるって
とっても幸せなことですよね。e-235 
【2014/03/02 21:51】 | ケンタウルス #- | [edit]
ケンタウルスさん

日常に戻るといろいろとやりたいことがあって(家事ではありませんが)
入院していたことを早くも1日で忘れてしまいました。(笑)

さっき、あれ?退院したのいつだっけ?と本気で思ってしまいました。
意識して身体の観察してみます。ありがとうございます。
【2014/03/03 00:19】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/377-04852daa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫