自分の気持に向き合うの、面倒くさい(笑)

 2014-02-21
静かなお部屋に移ったので、ようやく落ち着いてものを考えられるようになりました。

前回の入院の時のある晩、突然涙が出てきたことがありました。
わたしのいろんな気持を、誰かに受け止めてもらいたいと思っていることに気が付いて。
でもその後、あまりそんなことは意識しない日々がやってきて、
時々思い出すことはあっても、「ああ、そんな気持になったことがあったな」という感じ。

先日、久しぶりに自分の「我慢できません!」という強い感情に出会って思いました。
誰かに受け止めてもらいたいと思う前に、自分自身で自分の感情に気が付く必要があるんだと。
得意技ではぐらかしたつもりでも、知らないうちに心の奥に沈んで溜まっていくもの。
いつか向かい合わなければならなくなるのだったら、小さいうちにマメに相手にした方がいいですね。

誰でもそういうところはあると思うけれど、
強くて大胆でのんきなわたしと、弱くて小心者で神経質なわたしが居ます。
自分では後者を受け入れ難く思っていることろがあって、
ついつい、そんな自分の気持をはぐらかしてしまいます。

いつも自動操縦的にそうしてしまうので、
そこを「自分は本当はどう感じているの?」と優しく訊いてあげなきゃならないんですね。
そういうのを、「面倒くさい」で済ませてしまいたくなるのだけど…。

そういえば、今年の目標のひとつは「自分の気持に素直になって、耳を傾けること」でした。
それを思い出せる機会があって良かった…。

自分で自分の心に耳を傾けるの、でもちょっと面倒くさい。(笑)
誰かわたしの代わりに「本当はどう感じているの?」って優しく訊いてくれる人が居ると楽だな…。
こういうのも、天にリクエストすればいいんだよね、きっと。
また、「ああ、そんなことを思ったこともあったな…。」になってしまうかもしれないけれど。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/371-6659b26b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫