家に帰ってヴァイオリンを弾いてみた

 2014-02-16
一泊二日の外泊を終え、無事(?)病院暮らしに戻りました。
昨日家へ戻る時には、雪で滑って転んだりして「外泊許可しなければ良かった」と言われないように、
ものすごく慎重に歩いて帰りました。もともとちょっと足元危ないので…。

ヴァイオリン、やる気満々で帰ったので弾いてみることに…。
恐る恐るヴァイオリンを持ってみると、低めに持てば肩はそれほど痛く無いかな。
チューニングは、自分の楽器はペグがゆるゆるなので(でも戻らないのはなぜ?)できました。

弓の練習(ロングトーン)をやって、ヴィブラートの練習に移ったら、これはダメ。
腕と手首と指が同期しない感じです。肩も痛い…。
痛くなることはすぐ止めて、楽しみにしていた(?)カイザー34番へ。
指の力を入れすぎないようにと思っていたのにガチガチに入って、半分くらいで果てました…。

他の課題はカイザー3番と4番。
音が取りにくいところのある、嫌いな4番をやらなくちゃ…と勇敢に始めてみたら…。
小指を伸ばして遠くを押さえる箇所が繰り返し出てくるのですよ、コレ。
指のエクササイズみたいな曲で、そういえば一巡目の時は手の不調が始まった頃で、
リハビリにちょうどいいかもとイヤイヤながら頑張っていたのでした。今と同じ。
2012.7.26 カイザー4番解禁

最初に症状が出たのが一昨年で、その時には原因が分からず、
それでも様子を見るうちに3ヶ月ほどでなんとなく収束した経緯があります。
昨年、診断がついた時にはその再発だということなので、今回で3回目ですね…。

あ、ちょうどカイザーを始めたころから調子が悪くなっているんだ…。
もちろん、良くなった時期もあるのでずっと手が動かしにくい状態ではないけれど、
頑張ってきたんだな~と思います。

で、4番を始めたら指が思うとおりに動かないのが判明。
なんだか指が「ふにゃん」とした感じで、小指だけでなく4本とも思うところに置けません。
ダメだな…と、その時点で練習終了。

数日弾かなかっただけにしては、ちょっと動きが悪いなぁ…。元気なくなる…。
相棒君の弦を緩めて、またしばしのお別れです。

家に帰ったら、一瞬「病院に戻りたくない」なんて思ってしまいました。
でも、戻ってくれば結構平常心です。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/367-13d2190d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫