また来てしまいました

 2014-02-12
去年の11月に退院した時には「もう来ることはないよな…」と感慨深い思いを抱いたはずが、
今日から再びの入院日記です。興味のある方はお付き合いください。(笑)

先日のヴァイオリンのレッスンのあと、カイザー34番と2巡目の3番、4番をやらなきゃ…と、
始めてはみたものの思ったようにはかどらず、
しばらく弾けなくなるのに昨日は意欲がなくて、相棒君の弦を緩めてお別れを言っただけでした。

34番、難しい!!楽譜じゃなくて技術的に。
一応最後まで音は出してみたけれど、左手に力が入りにくくなっているのに、
オクターブの連続で、指に余計な力を無理やり入れようとしてしまい、果てました…。
あとは元気になってから頑張ろう…と思って中止。(ほぼ言い訳)

「入院イヤだな…」と思っていたけれど、いざ来て見るとそうでもなくて、なんだか不思議です。
前と同じ部屋の、今回は窓側じゃないベッド。
これも、「もしそうだったらイヤだな…」と想像していたけれど、案外落ち着ける空間です。

今回も先生方は3人チームですが、主治医先生以外は別の先生。
担当医先生(一番若い先生)は男の先生。
今日は初日なのにサクサク検査も進み、髄液検査まで終わりました。

担当医先生、髄液の採取は初めてかも…?
女性の先輩先生に細かく指図されながら、どうやら手が震えているみたい…。
今回こそは痛いかも…とわたしも震えながら覚悟を決めたけれど…、大丈夫でした。

腰の背骨の隙間から針を入れて、神経を傷つけないように背髄液を取るらしいのですが、
わたしの身体は骨がゴツゴツしていて狙いが付けやすいみたいです!(骨太だしな。)
もちろん、血管も太くて浮き出ているので(小学生の頃から)、実習向きですね。

明日は嫌いな電気ビリビリ、筋電図検査です。
なんだかこうやって書いていると、嫌いなのに楽しくなってくるような気がします。
いつでもどこでも、どんな状況でも、そこで楽しいことを見つけて楽しく過ごす。
ああ、それをするためにまたここに来たのかもしれないですね!



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/365-19e7d686
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫