ヴァイオリンのレッスンへ

 2013-12-05
通常通り中2週間で、今日はヴァイオリンのレッスンでした。

先日の楽譜がスラスラ読めるワークの効果&ユカコさんとのお話しのおかげで、
今回のカイザー30番は、「イヤだなぁ~」と思わずに練習できました。
レッスンに向かう途中、久しぶりに頭の中、真っ白じゃなかったです。

楽譜の苦手克服ワークを受けると先生にあらかじめお話ししてあったので、
ぐるぐるに曲げたスプーンもお見せしました。
年が明けたら、わたしのヴァイオリンから話しを聞くというのもお知らせしてあって、
わたしはすっかり怪しい危ない人みたいだけれど、
先生はそんな話しを、半信半疑でも面白がって聞いてくださいます。

このところ上手くできなくて2回弾かせてもらっていたカイザーですが、今日は1回だけでした。
この調子で次の31番もやってみます!

前回、強すぎた弓と左手の力加減、もう修正できたかなと思っていたけれど、まだダメでした。
以前の感覚を思い出すために、先生がご自分のヴァイオリンと弓を貸してくれました。
このヴァイオリン、触ると緊張します…。でも大好きです!

この音に似ていると思って、今の自分のヴァイオリンを買うことを決めたのだけど、
弾き比べると、もちろん先生のヴァイオリンの方が遥かに格上です。
(だってそういう楽器だし…)
弾いてみると毎回いろいろ感じるのだけど、それを言葉にするのが難しい…。
一言でいうと「器が大きい」という感じです。

先生はいつもと同じようにレッスンを進めてくださっていたのだと思うけれど、
帰りに駅へと歩きながら、「満たされた…」という言葉が浮かびました。
なんとなく、レッスンの始めから少しずつ自分の中の何かが増えてきていたような…。
なんだか変な表現だけど、そんな風に感じたのです。

明日はお金磨き屋さんです。わたしはきっとまた別の元気で満タンになると思います。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/346-605b86a1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫