突然気がついてしまったこと

 2013-12-04
週末に久しぶりに舞台の仕事に行ってきました。
だいたいの事はできるようになっていて、まずまずです。
が、疲れちゃったみたいで、今日になってもなんとなく頭と身体がボーっとしたままです。

時々このくらいのことは書きますが、実生活ではここ以上に愚痴や弱音を吐くことはありません。
よほどのことがなければ神さまにも「助けて!」とは言いません。
決めてそうしているのではなく、子どもの頃からなんとなくそうやってきています。

1ヶ月ほど前の入院中の夜に、突然感情の波がやってきて、
本当はそういう気持ちを誰かに受け止めてもらいたいと思っているのだと気付きました。
ひとりでそういう気持ちを完結させることを望んでいるのではないと。

突然、自分で予想もしていなかったそんなことに気付いてしまって、
ドワーッと涙が出てきて…、仕切られたカーテンの中で声を出さないようにするのが大変でした。

自分の親にも、元だんなさんにもうまく出来なかったことを、じゃ誰に?
こういうことを書くときにはなんとなく当てがあったりするものなのかもしれないけれど、
それがまったくありません。

でも、気がついたということがわたしにとっては大きなことです。
このブログで怒ったり泣き言いったりするのもありかな?
いや、やっぱりそれはできないかな…。
もしそんなことがあった時にも、これまでのように見守っていてくださると助かります。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/344-4c35196e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫