リハビリ2種

 2013-11-07
昨日からリハビリの先生が部屋に来てくれています。

理学療法士の先生は筋トレ系。
体幹の筋力が落ちていて、入院当初は寝返りが難しかったり、
仰向けで脚伸ばしたまま、まったく持ち上がらなかったり、起き上がれなかったり…。

点滴のおかげで最初よりかなり動けますが、腹筋強化が必須です。
普通の腹筋運動なんかできないので、出来るメニューを考えて来てくれます。

作業療法士の先生は手の動きの訓練。手提げ袋でいろんな道具を持ってきます。
一見、そんなの出来るに決まってるじゃん!と思う作業が、やろうとするとできないです(・・;)。
穴に棒を差し込む、マジックテープ付きのサイコロのようなものを剥がす、裏返す。
洗濯バサミやお箸を使う。
動かす方向や手の角度で、やり難さが変わるのだけど、やり難い動作がすぐバレる…。良く見てる…。

2人の先生とも穏やかだけど、決して手を緩めることはありません。
さすが、プロですね…、と変なところに感心します。
ああ、ヴァイオリンの先生とおんなじだ…。

でもここに居ると、あまり歩かないし動かないので、
もしかしたら、いえ、もしかしなくても体力は落ちてしまっているのではないかと思います。

主治医先生達はわたしの調子が悪くなくても、入れ替わり立ち代り来てくれます。
今日も主治医先生「んん、握力測ろうか?」とやる気。
「あ、でも明日にしようか。昨日より下がってたなんてなったら困るし(^^;;」
始めの頃はかなり気難しい様子に見えた先生、実はちょっとお茶目です。
そして、昨日言っていた調整の結果、何も無ければ週末に家に帰れそうです(*^^*)。わーい!!



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/335-a5cabc26
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫