教授先生の回診

 2013-10-30
昨日は週に一度の「教授回診」の日でした。
「大勢来ますヨ^^;」と看護師さんから聞いていた通り、
ベッドの周りに白衣の人だかりができました(汗)。
教授先生から幾つか質問され、取り出したハンマーでぽんぽんと手足を調べられて、
すっかり緊張したわたしは近くに居る主治医先生達に「助けて!」と言いたかったけれど、
そんな状況でなく、ゾロゾロと先生方が帰ったら、グッタリしちゃいました…。

検査の結果、自己免疫性の神経の病気という診断が出ました。
自分で自分の神経をやっつけているということみたい。
わたし、そんなに自分のこと嫌い?許してない?と、お門違いなことを思います^^;。

明日から薬を点滴する治療が始まります。
一日6時間くらいかかる点滴を5日間やるようです。
でもずっと寝てなきゃいけないという訳ではないみたい。よかった…。

わたしの部屋はナースステーションのすぐ近く。
電話、ナースコール、心拍モニターのような音、警告ブザーのような音、いろいろ聞こえてきます。
その中にバッハの「メヌエット3番」「愛の挨拶」あと名前が出てこない良く聞くワルツが。
聞こえてくるたびにヴァイオリンのことを思います。(^^)
あの名前がわからない曲、なんだっけなぁ…。

今の新しい課題は、カイザー29番とアンサンブルの曲が2曲。
ヴァイオリン持っての練習はしていないけれど、楽器無しでもできる準備はしています。
まだまだ途中だけど…(^^)。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/330-889f295a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫