針筋電図検査と神経伝導検査(^_^;)

 2013-10-24
病院の話しが読む人に面白いかどうかは分からないけれど、
わたしはどんな場所でも最大限楽しむのがモットーなのです。
身体も時間も余裕あるので、こうして書いています。
病院ネタに興味ある方だけ、読んで下さいね。

わたしがどんな具合なのかを確認するには、やっぱり力くらべしか無いようで、
今日も看護師さんと検査の先生とやりました。(・_・;
今日のメニューは針筋電図検査と神経伝導検査。
検査の先生と、主治医先生、担当医先生、その先輩先生に囲まれました。

神経伝導検査は腕や足に電極を付け、電気を流して(!)、
その伝わり方から神経の状態を調べます。
わたしは今回で3回目。何をされるか分かるので不安はないけれど、
電気ショックが来るたびに体がビクンと動くのが気持ち悪いし、
反応の悪い神経には、電気刺激がどんどん強くなっていきます!!!

針筋電図検査は初めて。
電極の付いた針を筋肉に刺して、力を入れたり抜いたりして調べます。
わたしは大抵の痛さは大丈夫ですが、これはもうあまりやりたくない…。
針+電気+力が入らないのに「はい、がんばって力を入れて!」と三重苦。
終わったらちょっと涙目でした(^^;;。

でもこの検査、すごいんです!
神経伝導検査はモニター画面に波形が出るだけですが、
針筋電図検査は波形だけでなく、音も出るんです!
安静時にも多少バチバチノイズが出ましたが、
筋肉最大収縮時にはババババ…と派手な音がしていました。
さすがに画面を見る余裕は無かったけれど…(^_^;)。

今日は、同じフロアにあるコインランドリーで洗濯して、
階下のコンビニにも行って見ました。
病院の中のコンビニ、他にはない品揃えです。
パジャマも売ってる!



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/327-338675a5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫