仕切り直し

 2011-06-23
アーチェリーの大会に行っている間の3日間、ヴァイオリンを触れなかった。
でも、正確に言えば2日。
京都から帰った夜に、ちょっと弾いてみたけれど、
疲れているのと眠たいのとで(毎朝4時半起きでした)、意識がモウロウとしてきて
楽器をぶつけたりしてはいけない、と断念しました。(^^;)

大会も終わったので、仕切り直し。
大丈夫、わたし、何度でも仕切り直しします!
アーチェリーと同様、ヴァイオリンも調子が悪かったので、少し休んでも大勢に影響なし。

今日はレッスンの日。
締め切り!!と思うと、また余計力が入ってしまいそうなので、あんまりそう思わないように。
好調とはいかないけれど、前回よりは落ち着いてできたように思います。

先生とカノンの合奏を始めて今日で3回目♪
先に弾くのと、後から追いかけて弾くのをそれぞれ1回ずつ。
先生の後から弾く方が、安心感がありますね~。
自分がこれから弾く部分を、先に先生の音で聴けるから?
必死で弾いているのにそんなの聴いている余裕は無いように思いますが、
後で録音を聴くと、追いかけて弾いている時の方が、良い音が出ているみたい。
(いつも、先生の音を聴いてから弾くと良い音になるので)

それに引き換え、先行して弾く場合は心細い…。
次々に新しいメロディーを提示していく切り込み隊長!のように感じられて、
ドキドキしてしまうし、音を外したくないのに、たいてい外れるし。

それでも、前より止まらなくなったし、間違えてもすぐに戻れるようになってきて、
「前回よりもずいぶん普通の感じになってます(^^)」と言われました。
コレ、今のわたしには、かなりのお褒めの言葉です!!

まだ6月なのに、急に暑くなって真夏日や熱帯夜だそうです。
楽器にはきっと良くないのでしょうね。
その前に、わたしがおかしくならないように気を付けよう。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/31-37fcd2e4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫