アルバイトを辞めました

 2013-07-27
舞台のお仕事に行って、アルバイトに行って、また舞台のお仕事に行って…。
こうしていると日にちとか曜日とか、良く分からなくなってきます。

そのアルバイト、24日が最終日でした。
気がつけば7年も経っていました!!いつでも辞められると思っていたので長く続けられました。
50人くらいいるアルバイトの中で古い順から4番目くらいになっていました。
日替わりでいろいろな部署に出入りしていたので、お世話になった人も多く、
最終日は仕事の合間にあちこち挨拶に行って、あわただしく過ごしました。

アルバイト仲間や社員さんから、カードやお菓子やプレゼントをたくさんもらいました。
わたしがいなくなることを寂しく思ってくれる人や、
やさしくしてくれてありがとうとか、いるだけで安心したとか癒されたと言ってくれる人がいて、
仕事そのもの以外に、わたしがそこで何をしていたのかを教えてもらったように思いました。
わたしはただ、単調な仕事を楽しく気持ちよく面白くやろうとしていただけだったのに、テレます…。

わたしがこんななので深刻なお別れにはならず、誰も泣いたりせずに気持ちよくお別れできました。
「またいつでも戻って来て!」と何人もの人に言われたけれど、それはどうかな…?

これで「アルバイト」という肩書きが取れて、よりいっそう自由な人になりました!
今まで「社員」という身分にはなったことがなく、固定給やボーナスを貰ったことはありません。
舞台の仕事はフリーランスという立場だったし、パートやアルバイトは時給制。
働いた分だけ報酬をもらう、というのがわたしにとって普通の感覚です。
仕事が忙しければ収入が増えて、仕事が無ければお金が入ってこないのは当たり前。
だからそうでない人に比べて、仕事を辞めるということのハードルが低く、あまり怖くないです。

で、アルバイトを辞めてこれからどうするの?ですが…。わたしもまだ良く分かりません。
目標を定めてそれに向けて行動していくという従来のやり方ではなく、
自分の「やりたい・好き」という感覚に耳を澄ませて従っていこうと思っています。
「神さま、わたしをどうぞお好きなところへ連れて行って!!」という丸投げ方式を試してみたい。
どうなるのか良く分からないけれど、なんだかとっても楽しみなんです。
良かったら、これからわたしがどうなるのか、一緒に楽しみにしてください!

とはいえ、夏の間は舞台のお仕事が目白押しなので、もう少し先のお楽しみですね。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/295-6387ef8b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫