アンサンブルレッスンでした

 2013-07-19
昨日は月に1度のアンサンブルレッスンでした。

今回から新しく「G線上のアリア」が始まりました。
知っている曲だけどわたしはセカンドヴァイオリンなので、
メロディーの後ろで弾いている音を覚えて弾くのはムリです。真面目に楽譜を読みました。

一人でセカンドを弾いても面白くないので、探した音源に乱入して練習しました。
こうすると自分のやっていることが良く分かるし、楽しくなります。
そのおかげで今日の初回でも、なんとなくついていくことが出来ました。

冒頭の長い音は、ひと弓で弾くのは大変なので途中で弓を返して良いけれど、
みんなで一斉にやるとバレちゃうからタイミングをずらしてやるのだそう。
クレッシェンドにするために弓の配分を計算するとか、音の終わりをきれいに収めるには…とか、
曲を途中で止めながらたくさん指示が出るので、てんてこ舞い。

でも、少しだけお互いの音を聴きながら合わせるということに意識が向くようになって、
アンサンブルは一人で弾くのとは別の楽しさがあるのだなぁ~と思います。

実はメンバーの中に同じ先生に習っている方が居ます。
体験に行った時、先生に報告がてら参加者の書いてある紙を見せたら、先生がご存知の方がいたんです。
今日はようやくその人とお話しできました。
その方は何人か先生をかえていて、ようやく良い先生にめぐり合えたそうで、
「最初からその先生に習っているなんて幸せですね」と言ってくれました。

わたしは他の先生を知らないので比べようが無いけれど、
とても信頼できる、そして勝手にこちらから親しさを感じている先生に教えてもらえることは、
なによりも幸せなことだと思います。

帰りに楽器屋さんに行って、ようやく弓の毛替えとヴァイオリンの点検をしてもらいました。
弾きやすくなったし音も良くなったように思うので、やっぱり半年に一度は行かなくちゃ。
わたしも点検した方がいいかな…。なんだかまた雲行きが怪しいような…。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/294-c6c6fb71
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫