自分はどの辺りまで来ているのか

 2013-07-09
週末は新幹線に乗って、お泊り仕事でした。
新幹線は好き♪でも最近いろんな名前のが増えて分からなくなっちゃいました。

バレエの音楽を聴くと、ヴァイオリンやチェロのソロがたくさんあって、
「わたしもヴァイオリンが弾きたい…!」と思います。

子どもの頃からバレエを始めたとして、
わたしは4歳からだったけれど、10年習って14歳の中学3年生。
そこまで来て、バレエがどういうものだか身体でも頭でもなんとなく分かってきて、
ようやくこれからという時期になります。(わたしはここまででやめる事になったけど(^^;)

そう考えれば、ヴァイオリンを始めてやがて10年経ったとしても、
「その頃にはすご~く上手になっている」なんてことは考えにくいのだと分かります。

始めて5年で小学3年生。
わたしはヴァイオリンを始めて3年半。小学1、2年生くらいなのかな?
バレエとヴァイオリンは違うし、わたしは子どもでもないから、
こういうことに当てはめて考えるのはお門違いかもしれないけれど…。

自分は道のどの辺まで来ているのかな…?と思うことがあります。
ヴァイオリンのことは分からないけれど、
バレエだったらどういう過程で道を進んで行くのかが少し分かるので、
それに置き換えたらどの辺なんだろう?なんて思います。

仕事の後、最初に出したヴァイオリンの音がそれまでと違う印象になることが良くあります。
今回も、なにかがちょっと違いました。
踊るのを見たり曲を聴いたりすると、音が変わります。
それが何なのか分からないし、すぐにどこかへいなくなっちゃうけど。

バレエを見ていて感じることをヴァイオリンに置き換えてやってみたい。
一流のダンサーの踊りと、一流の演奏家の演奏は良く似ていると思います。
上手に説明できないことがもどかしい…。
わたしが弾くと、やっぱり小学2年生がバタバタと踊るのに似ていると思う…。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/291-8c5996e4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫