リミッター解除

 2013-06-29
先生の音を聴いてビックリ!嬉しくなったダブルコンチェルト1楽章。
昨日はその音を身体にしみ込ませようと、電車の中や昼休みにレッスンの録音を何度も聴きました。
だって、自分のトツトツとした弾き方の音がしみ込んじゃってるから。

「あまり弱腰な感じではなく(^^)」
「まだ腰が引けている感じがあります。(^^)」
「もっと押しの強い人になったつもりで(^^)」いつもこう言われます。

録音を良く聴いてみると、曲が盛り上がっていく頂点に向かうにつれ、
その少し手前からまさに弱腰な感じで音が小さくなって行き、
一番強く欲しい音を弾く時に、なんと!弾くのをためらっているような印象です。
まるで強力なリミッターがかかっているみたい。
しかも、頂点を予測してその手前から準備を始める高性能なやつ。

この前のレッスンで、先生が頂点に向かってドワ~~ッと高まっていくのを聴いて圧倒されました。
わたしとは反対に、頂点に向けてその手前からクレッシェンドしていきます!(当たり前ですね…)
そして音色もヴィブラートも艶やかなフォルテ~!!です。あぁ…、うまく表現できません…。

夜に練習してみたら、何度も録音を聴いた成果が少しだけありました。
弾くうちにだんだんためらいが無くなってきたような…?
勇気を持って(なぜだ?)頂点に向かって気持ちを緩めることなく「行けぇー!」とのぼります。
リミッター、外れました! んん…たぶん…。

我が家は角部屋で、隣の部屋が少し前から空いていることもあって、
調子に乗って、夜遅くでなければ消音機を付けずにヴァイオリンの練習をしています。
(なぜか窓はもともと二重窓)
ためらわずに思い切り弾いてみたら、それはそれは大きな音がします!!!
隣は空いていても、エレベーターのまん前なので…、大丈夫かな?
でも、このくらいの音量が出るくらいエネルギーを使って弾かないと、
「ヴァイオリンを弾いている」とは言えないのかもしれないな、と思います。

苦情…?こないようにキレイな音で弾けるようにがんばります!!?


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/289-cbcd1f8c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫