アンサンブルレッスン

 2013-06-20
先月体験会に参加したアンサンブルレッスン、今日から正式に始まりその第1回目でした。
前回の参加者6名と、前回見学に来ていた方1名と、今回が体験レッスンの方1名、合計8名。
全員ヴァイオリンなので、先生は「チェロの方が入ってくれるといいんですけどね~。」と。

普段はレッスンの課題を練習するのが精一杯で、なかなかこちらの曲まで手が回らなかったけれど、
さすがに先週からはちょこちょこと弾いて今日に臨みました。
が、人と合わせて弾くと、やっぱり間違える…。
ついでに弓で他の弦を触ってしまったりして、一人で雑音を撒き散らしています。ゴメンナサイ。

チューニングは、開放弦を一本ずつ弾いて全員で合わせていきます。
良く聴かないと、自分の音が合っているのか高いか低いか、微妙なところは分かりにくい…。
というか、わたしが心地よく感じる高さとちょっと違って聴こえました。
そんな微妙なことが分かるのか?自分。いや、分かってないかも。

練習していた3曲のうち1曲は今回でおしまい。
次回からは新しい曲が1曲始まります。また譜読みだ…。

チューニングを含めて1時間半で3曲はちょっと忙しいです。
言われていることをもっと素早く理解できるといいんだけど、もう少し慣れが必要です。
周りの音が全く耳に入ってこなかった前回よりは、
ほんの時々他の人の音が聴こえてくるようにはなりました。
同じパートの隣の人の音は聴こえます!で、自分が間違っているのに気付きます。

今日の会場は譜面台がありませんでした。
持参した方が多かったのだけど、わたしは折りたたみの譜面台は持っていないのでした。
さっそく買おう!
最近はレッスン以外にヴァイオリンを持って出掛けて行くことが怖くなくなりました。
そんなレベルだけれど、ちょっとづつ進歩してるんじゃないかと思います。




関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/286-2059f47a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫