今日はレッスン(^^)

 2013-06-13
今日はヴァイオリンのレッスンでした。

前のレッスンの方がバッハの「シャコンヌ」を弾いていました。
あんなキレイな音が出せるようになったら弾いてもいいかもしれない…と思ったけれど、
わたしはそれほど「シャコンヌ願望」が強くはないみたい。

今回のカイザーは21番。2ページあって長い!
もともと♭が3つ付いている楽譜で、更に途中で♯がいっぱい出て来てイヤな感じ。
こういうのは必死で楽譜を追いながら弾くしかなく、絶対に見失ってはいけません。

曲が明るくなったり暗くなったり…、カイザー先生そういうの好きだよね…と思ったら、
わたしが臨時記号を見落としていました。 先生に言われて気が付きました。
普通の曲だったらそういう流れは無いと思うところだけど、
勝手にカイザー先生の引っ掛け問題だと勘違いしていました。
他に、長く伸ばす音も数え間違えていたし…。

ダブルコンチェルト1楽章(第一ヴァイオリン)は前回よりもスピードを上げて先生と合奏です。
間違えても止まらずに弾き続けるように出来ることが課題。

「こういうのは計画的にやるよりも、(スキーなどで)一番上に連れて行った方が早いです(^^)」
リフトで一番上まで連れて行かれて、断崖絶壁を見下ろすような心境!
「ウギャー、怖い!!」それでも下まで自力で降りなくちゃなりません。

先生は相変わらずのとてもきれいな大きな音で弾き始めます。
聞き惚れている場合では無い。「待って~、置いてかないでぇ~」と必死について行きます。
最初から絶対に止まらないと決めていました。だってわたし、止まったら途中から弾けないから。

途中で何度も転んでも、音が外れても、気にしている間はありません。
どんどん切り捨てて、次の音へ。
頭の中で自分のパートの音を再生し続けること。これを止めなければ戻れます。
キーキー変な音も出ちゃうけど、ちょっと進歩した、かな?

足の調子はだいぶ良いので、今回から通常通り立ってレッスンを受けました。
家でも2時間くらい立ったまま弾いていたので、ちょっと足がビックリしています。
調子に乗りすぎ注意報、発令!



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/284-756b98c1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫