うまくいかない…

 2011-06-16
昨日の夜、いつものようにヴァイオリンの練習を始めましたが…、
やっぱり下げ弓のロングトーンがさっぱりうまくいかず…。

弓の持ち方が悪いのか、力が入りすぎているのか、動かす角度か悪いのか、
(たぶん全部当てはまっている)
弓の毛をそろそろ張り替えた方が良いのか(もうすぐ半年経つし)、
最近湿気が多いから、松脂がベタついているのか…、

本当にうまくいかなくて、弾きながら不覚にも涙が出てきて、
楽器にポタッとしたら大変!!と思って、中断しました。

さて、落ち着いたので再開。
「うまくいかない時は、ただ力を緩める」
「弦に弓をガツンと置いて、ただ横に引っ張るだけ」
「そんな時はハンドルを放してしまった方が、真っ直ぐ走るもの(^^)」
頭の中に「天の声(^^)」が聞こえて、ようやくそこそこの感じに戻りました。

最近、良い音が出ていないように感じていて、
それは、一生懸命になりすぎて力が入りすぎているから。
消音機を付けて練習していても、楽器が響いているかはある程度はわかります。
音楽は格闘するものではありません。(わかってる、わかっています…)

ひと通り普段の練習を終えてから、ちょっと自分の好きなようにさせてあげようと、
今終わったばかりの曲を、テンポを速くして弾いてみた。
乱暴だし音程も怪しいけれど、ヴィブラートは楽になり音色が明るく軽くなった(^^;)

音楽とは、音を楽しむもの。 


関連記事
コメント
リンク完了しました^^
ありがとうございました。

そういえば、アーチェリーもバイオリンも
弓を持つという共通点があったのですね!
【2011/06/16 15:37】 | みわこ@美らくる堂 #- | [edit]
リンク、ありがとうございました。

そうですね、私は右手に持つヴァイオリンの弓と、
左手に持つアーチェリーの弓の両方使っていますね(笑)

弓やら弦やらチューニングやら、同じ言葉だけどちょっと違います。
なんにしても、ヴァイオリンの方が高いです!!
【2011/06/16 21:59】 | 楽しさお届け人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/28-74732597
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫