レッスンに行きました

 2013-03-27
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

わたしが舞台の仕事に行っている頃に、先生はモンドムジカという弦楽器の展示会を見るため、
ニューヨークへお出かけしていて、そのお話しをたくさん聞けました。

自分が行ったことのない場所に実際に出かけてきた方のお話しを直接聞くことは、
興味を感じることについて質問することもできて、
経験することには及ばないかもしれないけれど、とても楽しいのです。

アメリカ、ニューヨークは世界の中心といわれているけれど、
ヴァイオリンに関しては、それは当てはまらないことのようでした。
日本にはたくさんの良い楽器(日本製という意味ではなく)が集まっているそうです。
遠くにお出かけしてそれを改めて感じるというのは複雑な心境でしょうか?

それを聞いて、
地方で美味しい魚はないか尋ねた時に
「良いものはみんな東京の築地に行っちゃうからね~」というのを聞いたことがあるのを思い出しました。
日本って、東京って、いいところなんだな。
生まれてからずっといると、あまり実感がないけれど。

そんなお話しを聞いていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。
でも、カイザー19番とダブルコンチェルトは見てもらいました。
カイザー19番は少し時間をかけて、最終的には速いテンポのソーティエで弾くのか目標だそうです。

ダブルコンチェルトは今回は合奏ではなくひとりで弾いて、細かく直してもらいました。
音の長さに応じて弓を使うこと(短い音で弓を大きく使い過ぎていました)、
音の頭よりも終わりの方が音が大きくなっていくように弾くこと(その逆になってました)、
当たり前のようなことに、弾くのに夢中で気が付いていませんでした。

レッスンが終わってから先生に体調について聞かれ…。
先生の目はやっぱりごまかせないのでした。(べつにこまかすつもりではないのですが)

でも、左手の調子は悪くないです。握力は20キロになったし!!



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/262-6a948330
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫