「踊るように弾くこと」は「好きなように弾くこと」

 2013-02-27
思うように弾くことはできなくても、頭の中にイメージだけはあると思っていたけれど、
「ん~、そうかなぁ…(^^)」と、珍しい口調で先生が。

で、わたしも「ん~、ほんとにそうかなぁ…」とよく考えてみたら、
いざ弾こうという時には、いつも自分が出しているトツトツとした音しか頭の中にありません!!
練習の度に何回もその自分の音を聴いているので、
美しい音楽はどこかへ追いやられてしまい、イメージの影もかたちもありません。
相変わらずわたしよりも先生の方が、わたしのことを良く分かっている…。

さて、改めて美しい演奏を頭にインプットし直して、エアヴァイオリンをやろうとしたけれど、
楽器を持って音を出さないと、弓も左手の指も良く分かりません。
楽器を持っていないと、首も腕も好き勝手に動かしたくなり、
ヴァイオリンを弾くという前提を維持することが難しい…。

なので、ヴァイオリンを持って音を出しながら、感じるままに弾いてみることに。
これならエアヴァイオリンよりも難しくありません。なぁ~んだ、これでいいんだ。
こうやっていると、「こういうふうに弾きたい…」と美しい曲を聴きながら感じていたことを思い出して、
まったく思うようには弾けないけれど、とても幸せな気持ちです。

わたしはこういう幸せな気持ちを味わいたくてヴァイオリンをやっているんだと思い出しました。
音楽を聴いて自分の中に沸いてくるものを外に出したい。
その手段が以前はバレエだったことがあり、今はヴァイオリンになっただけ。

ヴァイオリンを好きなように弾いた後に、踊った後のような気持ちになることがあります。
好きなように弾いている時には、踊るように弾いているのかもしれません。
傍から見てどんなふうに見えるかは分からないけれど、自分の中ではそうです。

でもきっと「踊るように弾いている」ようには見えないのだろうな…。

いろいろ感じることがあっても、今まで押さえた表現止まりだったから。
今日も練習をしながらそう感じました。
心の中ではうっとりとしていても、きっとすごいコワイ顔をして弾いているに違いない。

もっともっと、感じるままに自由に!!恥ずかしがらないで。
(と書いただけで既に恥ずかしくなってきているけど…)


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/255-662081f3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫