「第9」のお仕事

 2012-12-28
2日間、今年最後の舞台の仕事に行っていました。

わたしには聖域のような、バレエやオペラでは日本で一番の(とわたしが思っている)劇場での仕事でした。
まだ正式に仕事を始める前の十代の終わりの頃、
バレエの公演のお手伝い(ほぼ足手まといでしたが)を数回させてもらったのもここ。
海外から来日するバレエやオペラの公演はこの劇場を使うことが多く、
舞台袖の天井や壁が、過去の公演ポスターやサインや寄せ書きで、更に埋め尽くされていました。

今回の舞台はベートーベンが主人公で、バレエ、オーケストラ、ソリスト(声楽家)、合唱、コロスが
一体となって「第9」を歌い上げるという壮大なスケールのもの。
指揮は飯守泰次郎さんでした。
指揮者モニターに映るお姿を見ていたら、まるで身体中から音楽が溢れ出してくるかのようでした。
わたしには、指揮者もダンサーも演奏家も、一流の方々は皆同じに感じられるのだなぁ…と思います。
音楽が溢れ出す…、そういう演奏がいつかわたしもできるようになりたい。
(いつになるかはわからないけれど…)

この演目に、仕事を辞める前にも関わったことがあったようでした。
下見に行かれず劇場に入ったのか、作品の中身をハッキリとは覚えていないのだけど、
開放的な舞台装置と、「歓喜の歌」を聴いた時に感じた「嬉しさ」の感情だけが残っていました。
今回下見に行って、それを思い出しました。

以前と違いヴァイオリンを弾くようになり、音楽に対する意識が変わってきたのか、
作品の素晴らしさが、わたしなりに分かるようになりました。
音楽だけでは表現できないもの、バレエとオーケストラでも表現できないものがあると感じます。
この作品では全部がある、そう思います。こう思えるようになった自分が嬉しいです。

合唱団、コロスの方たちはアマチュアのようですが、このコロスには踊りの場面がいくつかあり、
幅広い年齢層の方たちが、かなりの訓練を重ねてここまで出来るようになったのだろうと想像できました。
お一人ずつを見るといろいろありますが…、
全体の迫力、表現しようとしているものは充分に伝わります。
それができていれば、ひとりひとりがどうかなんて全く関係ないです。

それを見ていたら、なんだかヴァイオリンを弾く自分を重ねてしまって…。
わたしもいつか自分と同じような人たちと一緒に演奏してみたいな…と、なんとなく思いました。
まあ、まだまだ思うだけですが…。

さて、お仕事が終わったので今日からカイザー14番を始めることにします。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/235-9a04a278
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫