良い弓の感触

 2012-12-13
体調が悪いと書いたまま更新が滞っていましたが、普段通りに過ごしています。
舞台の仕事に行ったり、友人のイベントのお手伝いをさせてもらったり、
ヴァイオリンの練習も通常通りに出来ています。

寒い時にはヴァイオリンの鳴りが悪くなるということですが、
家の中はそれ程暖かくしていないのに、時々良い音が出るみたい。

前回のレッスンで、先生が購入したとても良い弓を途中からお借りして弾いたら、
ほんの時々だったけれど、自分の楽器からは今まで聴いたことのない種類の音が出ました!!
わたしはまだまだ上手には弾けないけれど、何の加減か、時々こういう音が出る時があるので、
先生はご自分の良い楽器や弓を試させてくださるのではないかと思っています。

良い楽器や弓を使うと、その感触が自分の中に残るのか、
すぐ後に自分の楽器や弓を使っても、それに似た音が出るのを体験したことがあります。
そういう意味合いもあって、楽器や弓を貸してくださいます。

今回はその効果が長続きしているんじゃないかな?
でも、毎日毎回良い音が出ているとは限らず 、時々なのだけど…。

その弓で、大きな弓使いでのびのびと弾くことも思い出させてもらいました。
去年の今頃、「カノンをやっていた頃はそういう弾き方が出来ていました(^^)」と言われて、
旋律線や弾きながらちゃんと呼吸をすることを考えながら弾いていたのを思い出し、
家での練習でそうやって弾いたら、久し振りに踊っているような感覚になりました。

気持ちが動く、身体が動く、音楽がヴァイオリンから出てくる、
どれが先なのか後なのか分からないけれど、全部が同時に起きる瞬間がほんの時々あります。
上手とか下手とか関係なく、ヴァイオリンを弾いていて幸せを感じる瞬間です。
ホントに瞬間だけど…。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/232-5eba9d90
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫