覚えていなくても弾ける

 2012-11-21
自分が前に書いた記事を読み返したら、
「パガニーニがバロックヴァイオリンで弾いていた」と読めるようなことを書いてあるのを発見。
これは間違いで、「パガニーニはあご当て無しで弾いていたらしい」というのが本当です。
パガニーニが生まれた頃は、ヴァイオリンの改良が始まりモダンヴァイオリンに移行して行く時期で
あご当ても発明されて、超技巧が可能になっていく時代だったみたいです。

さて、今日はヴァイオリンのレッスンに行きます。
カイザー11番はようやくいつもの程度に弾けるようになりました。
今回は練習を休んだ日がかなりあったのですが、またもやぎりぎりセーフ(たぶん…)です。

11番はきちんと弾ければとても美しい曲です。
知らなかった曲が、自分で楽譜を読むことで知っている曲になる過程は苦しいけれど、
そこからうっとりとするようなメロディがで出てくると(想像力豊かなので自分の演奏でも分かる)、
苦しんだ甲斐がありますね。

しかし、楽器を持っていないと、所々のフレーズしか思い出せなくて、
依然として曲全部を覚えてはいません。(カイザーは毎回その状態でレッスンを迎えます)
楽譜を見て音を出すと、その場で思い出す、次の音のために手が動く、という状態。
とても頼りない状態で、反射神経ゲームのようで危なっかしい…。

それと真逆に、頭の中ではバッチリ唄えるけれど弾けないのが「タイスの瞑想曲」。
練習するとだんだん下手になってきている、ような気がする…。
左手が言うことを利きません。おかしいな…。
3回目くらいになると、ようやく動くようになってきます。
レッスンでは3回も弾かないので、絶望的…。

先生はいつも「練習をしたかどうかは関係なく、この場で弾けるかどうかが全てです(^^)」と言います。
もちろん、練習したかどうかはできなくても見れば分かるので、
(分かってもらえないのでは?というくらい弾けない時もありますが…)
頑張ったことについてはとても評価してくれます。
アメとムチの使い分けが素晴らしいので、ついつい頑張ってしまいます。

今日はどうなるかな…?


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/227-b00ac5f1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫