ヴァイオリンの展示会

 2012-11-14
日曜日にお世話になっている弦楽器屋さんの展示会へ行き、
ヴァイオリンをつくる職人さんでもある社長さんの講演を聴きました。

毎回「どうやったら良い音が出るヴァイオリンがつくれるか」に関連したお話しですが、
聴く度にたくさんメモを取ってしまいます。
わたしはヴァイオリンをつくる人ではないけれど、お話しがとても興味深く覚えておきたいと思います。

お話しの後、作業テーブルを囲んで集まった人たちに混じって、更にお話を聴きました。
「良く響くヴァイオリンは、後ろ(ヴァイオリンの裏板側)から聴いても大きな音がするんです。」
そう言って、実際にこちらに背を向けてヴァイオリンを弾いてくれました。
おおっ!本当だっ!

楽器の調整について、今まで知らなかったお話しも聴けました。
魂柱の位置はどうやって決めるのか、バスバーと駒との関係はどうなっているのか?とか、
バスバーの交換は経年変化(木は年月が経つと硬くなります)を計算して調節する、とか。
「なに、それ?」と思われるでしょうが、わたしにはコレがとても面白いのです。
どうもいつか自分でつくる日のために…というような勢いで聴いています。
そのうちにヴァイオリン製作キットでつくるかもしれません。 展示会の後はいつもそう思います。

いくつかヴァイオリンの試奏もさせてもらいました。
弦楽器フェアよりもかなり静かな場所で弾かせてもらうことはとても緊張するけれど、
少しは慣れてきたのか、最後にお借りした良い楽器は落ち着いて弾けました。

下手なわたしが弾いて言うのもなんですが、軽く弓を置いただけでとても良い音が出ます。
それを感じて更に力を緩めると、楽器がそれに答えてもっと響きます。
そのヴァイオリンとわたしだけの世界。夢のような時間です。
他の人が周りにいる場所でそう感じられたことは、進歩かもしれません。

家に帰ってからすぐに自分の楽器を弾いて、さっきの楽器と感触を比べました。
値段は10倍くらい違うけれど、あまり違いません。(また親バカ)
楽器をトントンと叩いてみても、やっぱり良くできているのではないかと思いました。
本当に分かっているのかな?


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/224-9a7ef587
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫