またひとつ、山を越えました

 2012-10-25
今日はヴァイオリンのレッスンへ。

今回の締め切りは「カイザー9番」と「タイスの瞑想曲」です。
毎回レッスンはとても楽しみなのに、レッスンの度に締め切りがやって来て、
宿題を抱える毎日が、もう何ヶ月も続いています。

そして今日も、無事にまたひとつ山を越えました。
カイザーの36曲のうち9曲が終わり、4分の一が過ぎたことになります。
そう考えると、思ったよりも早く進んでいるのだと気が付きました。

いつもの事ながら、レッスンに向かう途中でも頭の中で流れていなかった「カイザー9番」が、
今になって、わたしの頭で流れています。
しかも、音が取れなくてピアニカ持ち出して練習した部分がエンドレスです。

楽譜は読めているようで、読めていないようで。
「カイザー9番」のような繰り返しの多い単調な曲で、
楽譜をしっかりと追いながら弾くというのは、集中力が必要だと思います。
弾き始めた早々、見失って間違えました。
楽譜が無いと弾けないけれど、楽譜を追うのは苦手…。

「タイスの瞑想曲」は、それはもう好きな曲なのだけど、
それだけに、自分の出す音を聴くのが辛いですね。だって凄いんです、ビックリします。
家で消音機を外して弾くのがはばかられます。音漏れしているに違いないし…。

ヴァイオリンの先生は、かなりの忍耐が必要ですね。こんな音をしょっちゅう聴かなきゃならない。
帰り道にレッスンの録音を聴きながら、そう思いました。
先生は、わたしのそんな演奏をものともせずに、
「牛乳ではなくチーズのようなヴィブラートに(^^)」などと上級な注文をしてくださいます。
今はド下手でも、目指すのはそういうところなのでありがたいことです。

今日は夜の練習はお休み。今だけ締め切りから開放です。
ん…、背中が痛い…です。やり過ぎ注意!


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/216-ebf02ef8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫