今日はレッスン

 2012-10-11
今日はヴァイオリンのレッスンでした。

少し前に肩当てを変えました。肩当てを変えたらヴァイオリンの音がとても良くなりました!
前回のレッスンでそれを使った時に「顎当てでも音が変わります(^^)」というお話しでした。
で、今回は先生の良い音の出る顎当てを、わたしの楽器で試させていただきました。

ヴァイオリンや弓や弦ならともかく、肩当てや顎当てで音が変わるなんて不思議です。
でも、実際に変わるんですね~。雑味が無くなったというか、品が良くなったというか…。
それに加えて音の響きと広がりが増えました。

今日は先生の肩当ても試させてもらい、正装したわたしの楽器、「馬子にも衣装」です。
顎当てや肩当てを取り替えても、良くない楽器はあまり変化が分からないそうですが、
わたしの楽器は、ちゃんと違いが出ました。「馬子」じゃないかも…。

カイザー8番の読譜はその後も順調に進み、
最後まで進んだら、やっぱりキレイなメロディーの曲でした。
その割にはそれほど上手に弾けるようにはなっていない気がするのはなぜ?
好きな曲はちゃんと弾きたい…、そう思って練習していて、家では時々良い音もしていたけれど、
普段と違う顎当てや肩当ての影響もあるのか、単に緊張しているからか、(多分どちらも)
またまたレッスンではうまく弾けませんでした。残念です…。

わたしはヴィブラートで次の音に移る時に、揺れが止まってしまうことが多く、
いつも「最後までヴィブラートをかけ続けま~す(^^)」と、
先生はご自分の手を思いっきり揺らして見せてくれています。

「揺らし続けたまま、指だけを入れ替えます(^^)」などと何度も解説してもらっていますが、
「何かが迫ってくるような感じで(^^)」とか、
「もっと感動的な音で(^^)」と言われる方が、上手くできたりします。
「ヴァイオリンを弾くのは弓で弦を擦るという物理的現象(^^)」なのだそうですが、
わたしには現象を分析して教えるよりも、こういう感覚に訴える言葉の方が効果が上がるみたい。

個人レッスンなので、先生はわたしに合わせた言葉を選んでいるに違いなく、
わたしがこんなふうなので、毎回、面白く楽しいレッスンになっています。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/213-5ddec4a6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫