第7関門、通過!

 2012-09-28
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

カイザー7番が危なっかしいままなので、午前中に1時間練習して、
その後外出して用事を済ませ、レッスン前にまた1時間弾いて…、
それでも上手くいかないけれど、先生のところへ向かいました。

「なんとなくお疲れな雰囲気が見えますが…(^^)」
そう言われたときには「?」と思いましたが、考えてみたら疲れる訳ですね。
途中で何度もつっかえましたが、なんとか今回だけで大丈夫になりました。
今回もかろうじて第7関門通過です。

こんな状態で先に進んで行くことが心配で、先生に質問したことがありますが、
今はとにかくたくさん読譜をして先に進み、まずは一巡して、
やがて2回目、3回目にはクオリティも伴うようにしていく、とのことでした。
そうと分かれば、安心して(?)、ただ前に前にと進むのみです。

「久し振りですが小野アンナ音階教本を復活させます。(^^)」
そう言って開いた32ページ、五線譜の上に6本も横線が引いてありその上に音符が。
早くも楽譜を見ることは諦め、先生のお手本の手だけを見ます。
けれど音が全く分からず、後から録音を聞いたら思いっきり短調の音を出しているわたし。
根暗なわたしは、放っておくと短調の音階しか出てこない…。

先生と交互に弾くうちに、突然音の並びが分かって(少々遅いですが…)、
ポジション移動もなんとなく成功して全貌が分かりました。
楽譜を見ると驚いてビビッてしまうけれど、先生が弾く後について真似をするのは楽しく、
こうした方が、簡単に理解できるようになります。

次回から少しメニューが変わり、カイザー(もちろんこれは変わりません!)と、小野アンナ音階と、
次の次からヴィブラートの練習を兼ねた曲として「タイスの瞑想曲」を選んでやることになりました。
自分にはまだまだ早いと思っていた大好きな曲で、
「今の時点で上手にはできなくても、早いうちからやってみては?(^^)」ということでした。

カイザーだけをやっていると、わたしがどんどん元気ない弾き方になっていくので、
先生が救いの手を差し伸べてくれたのでしょうか?
憧れの好きな曲を練習できることは嬉しいです!気持ちが揚がります。
が、こちらも楽譜を読まなくてはいけないんだなぁ…。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/209-70adba7b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫