何のために?

 2012-09-11
時々、ふと我に返って思います。
「わたしは何のためにヴァイオリンをしているのだろう?」
「今からヴァイオリンを練習して何になるんだろう?」 (自我先生の登場です)

でもすぐに答えがやってきます。
「わたしは何かになるために、ヴァイオリンをやっているのではない。
何の役にも立たなくても、今、ただやりたいからヴァイオリンをやっている。」
この答えを確かめられた時、とても満たされて穏やかな気持ちになります。

目的地に着くためにやっているんじゃない。
その道のりが楽しかったり、ちょっと大変だったり、うれしかったり…
そういうのが面白いから、ヴァイオリンをやっているのです。

「やりたいことを、やりたい時に、やりたいだけやる。」
わたしが目指すことのひとつです。
わがままで自分勝手のように思ってしまうけれど、そんなことはない。
簡単なようでも、結構難しいです。

自分が本当に望んでいることが何なのか、分かっているようで、分かりません。
自我先生にそそのかされて、好きじゃないことを好きだと勘違いして
結構、一生懸命にやっていたりします。

そういえば、わたしは子どもの頃から今まで、
自分の好きなこと、やりたいことはなんだろう?と自問してきました。
自分の魂の望むように生きること。
ヴァイオリンだけじゃなく、こちらも修行中です。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/204-b1123c1f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫