ニンジン効果

 2012-09-09
今日、アーチェリーの練習に行き、久し振りに自分の弓で射ちました。
2週間前に顔を出しに行き、初心者用の弱い弓(16ポンド)でちょっとだけ射ってみたのだけど、
自分の弓(実質33ポンド)とはあまりに勝手が違っていて…。

初心者用のもので上手に射つのは、結構難しいです。
良く音の出るヴァイオリンを弾くのに慣れてから、あまり音が出ないヴァイオリンを弾いた時と似ています。
楽器に合わせて弾き方を変えないと、うまく音が出ません。

手も足もまだおかしいのだけれど、少しは力が入るようになってきていて、
じっとしているよりも、できることや好きなことを
様子を見ながらやった方がいいんじゃないか?と思うようになりました。
弱い弓で射つことも、感じることがたくさんあって良かったけれど、
射ち方の感覚が変わってしまうのはあまり良くないので、自分ので射ちたいな…。

さすがにもとの33ポンドは無理なので、リムをすこし弱いものにしてチューニングをし直し、
以前使っていた矢を引っ張り出し…、(弓の強さに合わせて、矢も変える必要があります)
それでもちょっと無理かも…と思っていたのだけれど、なんとか射てました。

「馬ニンジン」です。(実際に鼻先にニンジンぶら下げると馬が走るかどうかは知りません)
目の前に的があると、何とかしてちゃんと射とうとする自分。
ニンジンの効き目が大きいので、やり過ぎ注意です!

筋トレとかリハビリというのは苦手だと思うのだけれど、
手の調子が悪くてもヴァイオリンの練習は続けていて、なんとか弾くことができているし、
好きなことなら、どんな時でもやる気になるんだなぁと実感。

今月末にアーチェリーの合宿があります。
今年は参加できないだろうと思っていたけれど、もしかしたら大丈夫?
射つことはできそうだけど、山道を弓を持って歩くのはどうかな…?
「散歩して、温泉に入って、バーベキューするだけでもいいんだよ」と誘われています。
(こう書いている時点で、その気になり始めているということですが…)


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/203-1a572728
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫